暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP

「水素水」ってやっぱり目をつけられていた? 

DOLに当該記事が公開されたのが2月13日。その後、関連企業に対し、3月9日に消費者庁から業務停止命令、11日に国民生活センターから行政指導。ある意味で怖い面を見た感じ。

マルチ大手に業務停止命令=「がんに効く」と虚偽説明―消費者庁

「水素水生成器」の効果は? 国民生活センター、明確化を要望

関連記事

ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ に刮目しよう! 

ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ の3月4日までの異例のロングラン上映が決定したようです。

個人的には、捕鯨反対運動の裏には、欧米の食肉産業の肩入れがあるのでは? と睨んでいるのですが、果たして、〈これまで決して一般には知らされていなかったより大きく不可解な側面〉とは?



映画「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」 Behind "THE COVE" Official Site

ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ | ケイズシネマ

関連記事

お勧めの原発関連書籍 

前回に引き続き、原発関連の注目書です。




関連記事

水素社会と原発の関係が気になる――ついでに水素水も。 

最近気になる産業界の方向性としては、この話題ですかね。





一つの極論ですが、自動車メーカーにも、「電気自動車(EV)が主流になって他業界から参入されるよりは、エンジンが必要な水素自動車で勝負できたほうが余程よい」という思惑があるような気がしてならないのですが。

ホリエモンの見立てにも同意できる。
ホリエモン水素自動車で延命するトヨタ、心中する政府を批判

関連記事

放射性廃棄物を引き受けるなんて、ありえないだろ! 

他ブログからの引用で恐縮ですが、これ↓ってその後、どう進んでいるのでしょうね。
国民全員が猛反対するべき、原発輸出のとんでもない裏側事情!

その後の状況を押さえる(事実確認の)必要があることも確かですが、もし原発輸出が日本国内での放射性廃棄物処理と紐付き(セット)が前提であるなら、即刻全案件を止めるべき。

小欄の関連記事は以下です。

元素変換!(常温核融合)――『シェールガス革命とは何か』の次はこれ!

総合ランクトップは茨城、栃木、福井、広島、福岡 あなたが知らない真の「就職幸福県」はここだ(下)|学生も採用担当者も知らない!「就活人気業界・企業」の隠された法則|ダイヤモンド・オンライン
 

関連記事
美容整形