暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP > カテゴリー [時事、トレード(株、FX)]

『はだしのゲン』問題のそもそもの論点が忘れられている 

様々な意見が飛び交っていますが、発端になった陳情の主旨に遡ってみると、そもそもとは違う論点で是非を判断しているケースが多数あるよう。
NHKのこのまとめ、
「ゲン」閲覧制限の背景は(8月22日 23時55分)によると、きっかけは〈はだしのゲンが誤った歴史認識を植え付けかねないとして、学校の図書館から作品を撤去するよう、市民が求めた松江市議会への陳情〉であるとしています。
にもかかわらず、現時点の判断基準は〈「子どもたちの知る権利を守ること」と「子どもたちを過激な表現から守ること」のどちらを優先させるのか〉の問題であるとしています。

また、この記事(「はだしのゲン」閲覧制限は不要=公明代表 (時事通信))のコメント欄には
「松江市が問題としているのは、戦争の悲惨な部分ではなく終盤にかけての捏造された残虐な部分(後半の6~10巻のこと)」
「南京大虐殺や、天皇処刑要求など、中国、韓国側の、歴史観で、書かれています」
「天皇陛下を最高の戦争犯罪者としたり、チャイナが通州事件でやった日本人虐殺をあたかも日本兵がやったとしてる漫画」
「この漫画がノンフィクションならば、もちろん伝えることが大事だが、フィクションなら日本の歴史観をゆがめる悪書である」
「原爆の体験に基づいて書かれた1~5巻は普通に読める(つまり今までと同じ)。
 5巻までは少年ジャンプに掲載されてて本人の体験に基づく原爆体験が描写されていたが後半は共産系機関紙・日教組の機関紙に掲載が移り政治主張まみれの本」
「松江市が観覧制限した6巻~10巻を読んでみる事をお勧めする。
 40代がジャンプで読んだ内容とは全く異なる。
 グロい描写や戦争の悲惨さはほぼ無い。
 描かれてるのは反日・左翼思想だ。
 どうして学校にマンガがあったのか少し考えればわかる事」
「戦争・原爆という誰もが批判しえない題材を用い、事実を歪曲して日本国や天皇を貶める、卑劣極まる作品だ。
 残虐なシーンを問題とするのではなく、反日・左翼思想に凝り固まった作者が事実を歪曲して書いた卑劣な作品」
「前半は確かに原爆の悲惨さを描いたマンガだが、後半は、左翼思想をたれ流す政治マンガにシフトする。閲覧制限していたのは、その後半部分。
 日本軍による残虐行為を捏造したり、天皇を批判。後半は、日教組の機関紙や左翼雑誌から依頼されて描いた反日マンガだ。」
といったコメントが並んでいます。
つまり、上に挙げたすべてが正しいとは言えないものの、これらのコメントは〈はだしのゲンが誤った歴史認識を植え付けかねない〉という陳情の主旨をきちんと踏まえています。

続きを読む

「釜石109」ワンピースになぜ六芒星? 

昨日まで開催されていた「釜石109」、昨晩の「Mr.サンデー」でも大きく取り上げられていました。活動の中身自体はとてもいい話なのですが……地元中学生(発起人)がデザインしたという、六芒星があしらわれたワンピースが大きく映される度に、なんとなくヘンな気分というか、違和感を感じてしまいました。

朝日新聞デジタル:自分のデザイン「109」で販売 岩手・釜石の中学生 - 岩手 - 地域

SHIBUYA109 KAMAISHI PROJECT

デザインから製作に進む段階で、誰も違和感を感じなかったのか? あるいは、身近にいる(両親、先生など)の大人達もなんとも思わなかったのか?

デザインした中学生本人が何らかの(呪術的な)意味を込めていたのだとしたら、ちょっと末恐ろしいかも。

まさか、身近な大人の意向が働いていたりしないよね?

最後に得をするのは誰? 

「主権主張の新たな手口か 冒険家がヨットで領海侵入 中国 尖閣周辺海域」

前回のオスプレイの沖縄配備決定のときもそうだったが、在日米軍が配備強化する、あるいは防衛省が新たな配備(購入)を決めようとするといったタイミングで、必ずと言っていいほど、中国か北朝鮮が日本に対して強硬な動きに出る。

今回も、岩国から沖縄へ移す予定日に合わせて、という感じで符丁が合っている。ヘリ墜落は予定外でしょうが。
米中日合作のマッチポンプと言うか予定調和的と言うか・・・。

最後に得をするのは誰だ? 米国兵器産業とそこへ部品を供給する日中の企業?

他人事ではない広島LINE事件 

巷では、広島LINE事件の真相が明らかになりつつありますが、今日、決して他人事ではない、と思える出来事がありました。

筆者はLINEを使っていないのですが、連れ合いは、いちおう登録だけはしていたとのこと。

ごく最近、筆者の連れ合いが、久しぶりに駅前で中学時代の同級生に会ったそうなのですが、今日になって、その元同級生がLINEにこんな書き込みをしているのを見つけたんだそうです。

「○○に久しぶりに会ったんだけど、すごく二重まぶたがパッチリしていて、あれって絶対整形してるわね」

こんなような内容を、LINE上で元同級生に触れ回っていることが分かったそうで・・・。

40過ぎても、デキの悪い女はこういうことを平気でやるようで、LINEの場合、閲覧者を特定のグループに限定できるだけに、より陰湿になるんでしょう。

以降――ほかにも理由はあるようなのですが――連れ合いは塞ぎ込んでいて、えらく迷惑なわけです。

ここまでのことだけでも、十分に名誉毀損で訴えることは可能ですが、次もし同じようなことをされたら、即刻、刑事告発でもいいかな、と。

「給料アップ力」が高い企業はここだ! 

「ぼくらの給料は上がるのか」第3回――世間の就活人気ランキングだけではわからない!景気回復時に「給料アップ力」が高い企業はここだ、が掲載されました。

今回、具体的な企業名がたくさん出てきて、楽しめると思います。

最終ページの「世論調査」の結果は、予想以上の・・・です(たぶん)。それだけ、自分の思う最低ラインの達してない人が多いということかもしれません。

TPP構想のほんとうの意味 

知ったきっかけは昨日と同じくですが、今度はTPPです。



ISD条項を中心に、米国市民も日本人(少数ですが)と同じ問題意識を持っていることが興味深いですね。
このビデオの内容を、敢えて違う視点(私見?)で解釈すれば、環太平洋諸国をEU化(経済統合)⇒ユーロ化(通貨統合)に向かわせるのかどうか、その是非が問われている、と捉えなければならないということです。
言い方を変えれば、環太平洋諸国をグローバル企業スタンダード化するためのステップでもあるということです。

ちなみに、現・日本経団連会長はしきりに円安とTPP参加を訴えていますが、当の出身企業である住友化学は――3/4発売の「週刊ダイヤモンド」の「超」整理日記で指摘されていますが――円安による売上原価の伸び率が売上の伸び率を上回ったため、利益が減少しています。
言わんこっちゃない、という感じですが、これから先は輸入原材料コストや電力コストの上昇が、円換算の売上の伸びを帳消しにしてさらに、円安がトータルでマイナスに働くメーカーが増えることでしょう。

「原発がどんなものか知ってほしい」と訴えて1997年に亡くなった平井憲夫さんの手記 

友人がfacebook上でシェアしていて知ったのですが、より多くの方に読んでもらいたく、こちらにも掲載します。

原発がどんなものか知ってほしい(全)

1990年代に既に、というところが……原発に関しても、日本は失われた20年だったと言えます。
とくに問題にしたいのは、項目18.の「どうしようもない放射性廃棄物」です。

また、1998年には、先見の明のあるこんな本、『だから原発は危ない!―その危険性から身の守り方まで』も出ているのですが、出版社がなくなっていて、必然的に絶版です(古本で買いましたが、なかなか読ませます)。

『シェ-ルガス革命とは何か』が”再”増刷に!  

嬉しいことに、2回目の増刷が決まりました!
『シェ-ルガス革命とは何か ― エネルギ-救世主が未来を変える』


以下、当ブログの主な関連記事です。
※詳しくは、右上の「ブログ内検索」で"シェールガス"で検索を。
シェールガスの積極輸入で電気代を下げろ!
シェールガス革命――とは何か? その2
シェールガスに関する最新論考

追記 一言忘れました。台湾での翻訳出版(繁体字)も決まりました。

シェールガスに関する最新論考 

『シェールガス革命とは何か』でご一緒した伊原さん(JOGMEC)の最新の論考です。

エネルギーシェールガス革命で激変するエネルギー調達戦略対米エネルギー外交を強化し、天然ガスシフトを急げ――伊原賢・独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 上席研究員

※久し振りにamazonのレビューを見てみたら、数は少ないものの、けっこう高得点で安心しました。
――というか、ありがとうございます!
『シェ-ルガス革命とは何か ― エネルギ-救世主が未来を変える』

『シェ-ルガス革命とは何か』が増刷に! 

嬉しいことに、増刷が決まりました!
『シェ-ルガス革命とは何か ― エネルギ-救世主が未来を変える』


この件を主張し始めたのが2011年の7月、上記の発売が2012年の7月末。
シェールガスの積極輸入で電気代を下げろ!
シェールガス革命――とは何か? その2

最近、こんな記事も。注目は、パナマ運河拡張工事ですかね。
米国の低金利政策で長期化する円高基調、株価と企業収益の動向に注意

その後、類書も出てます。
『シェールガス革命で世界は激変する―石油からガスへ』

美容整形