暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> 未分類
> 婚活ブログ&パーティー for アラフォー(1)――女性による女性のための婚活マニュアル①

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活ブログ&パーティー for アラフォー(1)――女性による女性のための婚活マニュアル① 

婚活(婚カツ)という言葉を使われるようになったのは
いつの頃からでしょうか?

数年前、就活という言葉を耳にしたときには、

〈何でも略すもんじゃない!(あまり上品じゃないし)〉

と心の中で思っていたのですが、昨年あたりから
「婚活(婚カツ)」という言葉を耳にしはじめたときには、
正直なところ

〈学生じゃあるまいし、こういう言葉遣いをすること自体、
その婚活(婚カツ)にはマイナスなんじゃないの?〉

と思ったものです。

当然、元々が「結婚活動」なのか「婚姻活動」なのかも
よく知りませんでした。

ちなみに国語辞典によると、

「結婚活動」の略で,2007 年(平成 19),社会学者山田昌弘などが造語

とありますので、できてまだ2年ほどの言葉だそうです。

さて――


先ほどの国語辞典によると、

自由恋愛の浸透や女性の社会進出などを背景に,男女ともに結婚したくても出来ない人が増加し,
現代社会では就活(就職活動)のような積極的な活動を行わないと結婚が困難とされる。

と説明されています。

また、出生率の低下が叫ばれて久しく、その原因も
様々な要素に求められていますが、結局のところ、
いちばん相関が高いのは晩婚化だそうです。

ちなみに、2007年、2008年と、ここ2年間に限っては
出生率は増加しています。

これらは、ここ最近の景気が悪いこととも無関係では
ありません。


さて、婚活(婚カツ)の話に戻りますが、

〈女性がそのノウハウを求めるとすれば、
どういう人に求めるだろうか?〉


と考えてみました。

私なりに出した結論は、

 ・婚活(婚カツ)に成功体験を持つ
 ・少し年上の
 ・女性

という条件です。

就職・転職活動であれば、女性に対しても男性が
アドバイスできることはたくさんありますが、
婚活(婚カツ)となると疑問です。

結局のところ、そこでなされるアドバイスは

「男に好かれる女はこういう女なんだよ」

「男が結婚したくなる女はこういう女なんだよ」

にほぼ収斂されてしまうのではないかと考えました。

それって、

「あなたに合う人はこうやってみつけるのよ」

ではなく、

「どんな男とでも、結婚したかったら自分をこう
変えなきゃだめですよ」

ということになりかねないですよね?

つまり、個々の局面に対して、「言動をこう変えるべき」
ということは言えても、女性のための具体的でトータルな
行動指針、活動マニュアルを提示することは難しい
のではないかと感じたわけです。


そこで、タイトルにもあるように、
婚活(婚カツ)成功体験を持つ女性による
女性のための婚活マニュアル

にこだわって探しました。

それが以下の2つです。

『結婚相談所を徹底活用☆お見合いで運命の人と出会う
最短マニュアル』(角岡 舞)


『【30代独身女性限定】本音はやっぱり、安心できる愛がほしい。
30代! 大逆転の結婚術』(奈良 隆子)


ともに60日間のメール相談権付きです。


苦い経験のある方でも、これからの方でも、安心して
取り組めるものを選んだつもりです。

一度通読してみてください。

鷹司堂後☆心とお金に余裕のある人生を祈念して v(^^)

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/73-e0e312cb

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。