暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> サイエンス・環境・食・健康
> 『元素変換』のレビューの本数が倍増、及び「中性子星どうしの合体時に重元素が生成されること」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『元素変換』のレビューの本数が倍増、及び「中性子星どうしの合体時に重元素が生成されること」 

こちらも2年以上遡るが、amazonよりレビューが充実しているサイトを発見!で取り上げた「読書メーター」の元素変換現代版<錬金術>のフロンティア (角川EPUB選書)、いつの間にか(と言っても3年近くになるが)、レビュー数が倍増していた。

最後のNSさんへの回答:
〈メカニズムについては全く触れられていない〉とあるが、分かっていないことは説明できない。推測(憶測)で書くと、それこそミスリードになる。「メカニズム解明、収率アップのために、国家予算を入れるべき」が本書の主旨の一つ(です)。
また、本書の最後で、「中性子星どうしの合体時に重元素が生成されることが数値シミュレーションによって解明され、かつその結果が太陽系の重金属分布とよく一致する」という話(理化学研究所と京都大学が2014年7月17日に出したプレスリリース)を載せているが、今年の10月18日になって以下のニュースが出たことには、大いに注目されてよいだろう。
中性子星合体の重力波を初観測、貴金属を大量放出

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/719-90ebf248

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。