暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> 時事、トレード(株、FX)
> 豚インフルは自作自爆?説――先進国への拡がりは誤算?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚インフルは自作自爆?説――先進国への拡がりは誤算? 

あくまでも人から聞いた話、推論としてお読みください。

今回の世界的な新型インフルエンザ騒動ですが、
実は美国の自作自演&自爆ではないかとの説を
耳にしました。

つまりは、こういうことです。

国内の大不況 ⇒ 失業者が増えている
⇒ 自国民の雇用を守りたい ⇒ 移民を制限したい
⇒ 墨国からの入国を合法的に禁止したい
⇒ 墨国での流行は大義名分として好都合

というロジックです。


四川大地震やインドネシアの津波ですら、美国の
仕掛けである可能性も……、と主張する人もいるくらい
ですから、今回のパンデミック並の騒ぎも……、
と考える人がいても不思議ではありません。

また、オーストラリアの研究者が「人為的なミスで
発生した可能性がある」との説を主張し、WHOが
検証を行う騒ぎに発展しましたが、この主張自体、
アドバルーンである可能性も否定できません。

多少引っ掛かるとすれば、ヘルスケアがオバマが
力を入れているセクターのひとつであることでしょうか。

できっこないでしょうが、今回の流行が顕在化する
直前に、ダイワボウ、シキボウ、日油、トーア紡といった
インフルエンザ銘柄に、誰が”買い”を入れていたかを
公表することができれば……。

最大のヒントはそこに隠されているような気がします。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/57-56be454f

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。