暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> これぞステマ(ステルスマーケティング)、自作自演の模範!?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞステマ(ステルスマーケティング)、自作自演の模範!? 

川島和正氏著(2012/04/17発売)の『損をしない思考法』(サンマーク出版)が、「アマゾン総合1位になりました!」(ameblo.jp/kk5160/entry-11225804992.html)とのこと。

たしかに、18日の夕方に見たところ、実用・スポーツ・ホビーで1位、本全体でも第2位と、目を瞠るスタートダッシュぶりです。

ここで内容を云々する気はまったくありませんが――ある種のポジティブシンキング(お気楽シンキング?)本と言っておけば十分でしょう――
「ちょっと待てよ……?」なのは、4本入っているレビューの内容。

発売日が4/17、キャンペーンスタートが4/16であるにも拘らず、4本のレビューのうち2本が4/16、もう2本が4/17、しかもそのすべてが5点(満点)という怪しさ。

しかも、そのうちの1本の内容と言えば(発売日と同じ4/17のレビューなのですが)、

〈書籍の史上最高の本かもしれません。
 これは本当に最高の本です。
 無駄なことが一切なく、全部大事なことしか書いてありません。
 早速2冊注文しました。〉

〈全部大事なことしか書いてありません。〉
と言うからには、すでに”発売日当日に読み終わっている”
にも拘らず、
「早速2冊注文しました」って、どゆこと?

読み終わってみてすごく内容がよかったので早速2冊(追加)注文するって、行動様式としておかしくないかい?

版元も『水は答えを知っている』なんていう超トンデモ本を出しているところだし、それなりに業界を知っている人間なら、版元と著者とタイトルの組み合わせで即スルーなんですけどね(苦笑)。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/463-dc70a902

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。