暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> 情報商材ASPはあと半年で命運が尽きる!?

情報商材ASPはあと半年で命運が尽きる!? 

本格的な記事は来月の半ばくらいになる予定ですが、名証にも上場しているOKWave(株式会社オウケイウェイヴ)が知識やスキルを販売するサイト「Abilie」を来春オープンする(現在、仮出品を受付中)。

当然、出品者や商品は事前審査され、エスクローサービスも提供されるため、詐欺紛いの商品については、購入者がその詐欺性を証明すれば支払いを拒否することができる(認められるかどうかは別として)。

インフォ○○○○などで販売仲介されている高額な情報やノウハウ、所謂「情報商材」には、九分九厘、その値段に見合う価値はない。しかも、販売者の認証を行っているASPはごく僅かであり、商品の正当性や価格の妥当性もまともには審査されず、ASP-販売者-アフィリエーター三位一体の詐欺ビジネストライアングルを形成している。

そこに今回、OKWaveという上場企業が、高販売手数料と引き換えに、安心なサービスを提供しようと参入するというわけだ。

となれば当然――上手くいけばだが――出品される商材に関して、OKWaveは安心、ヤフオクの情報カテゴリーはグレーから黒(※)、インフォなんちゃらは完全な黒(確信犯)という構図ができあがるものと考えるのが普通だろう。

その他 > 情報 のデフォルト表示で、囲忉のmendan20.comがトップに来ているようでは、○○幇助と指摘されても文句は言えないはず。

筆者が期待するのは、インフォ○○○○が赤字転落すること以上に、ヤフオクのその他カテゴリーのなかの「情報」や「ネタ」では、誰も買わなくなること。

聞くところによると、囲忉が敗訴している商品について、ヤフオクでの販売の差し止めなどを求めた被害者の訴えを、ヤフーの法務セクションはスルーしたとのこと。せめて本人認証をやり直すくらいのことはすべきと考えるが、いかがだろうか? 届け出住所なども虚偽なわけであるし(囲忉は現在住所不定で、住民票の住所には住んでいない)。

また、ごく最近の例として、対面手渡しで支払いをした直後からすぐに(よってヤフオク経由ではなさそうだが)、メールでも携帯でも連絡がつかなくなってしまったという購入者もいると聞いている。
最初から売り逃げする気だったのね、囲忉君。そりゃー、住民票の住所には住めないわけだ。

「Abilieで販売できない商品(出品者)は紛い物」という常識が定着することを切に望む次第。

ちなみに、All About(の子会社)も、[All About プロファイル] ワタシ×プロのチカラ というサイトで、有料販売を手掛けている。
もっともこちらは、情報やノウハウを売るというよりは、ソリューションを提供するという性格のもので、稼ぐためというよりは、早く安く問題(悩み)を解決したいという人に向けたもの。
初回無料(格安)で役務提供を行いたい人は出品を検討するに値する。

追伸
メルマガの試読版が無料で読めます。以下からD/Lしてください。
日本人が知らない世界のニュース ベスト10 〈2011年版〉

関連記事

コメント

私も被害者ですが・・・

ヤフオクのトップに来ているとは驚きでした。さっき確認しましたが、Yahoo!の信頼性に?がつく事態ですね。
少なくとも、情報商材に関しては特定商取引法に基づく表示の義務付けがあるはずなのに、出品中に匿名性を保持するためという理由でIDのみの開示で特定商取引法の規定を満たさないことを容認し、カテゴリとして開放していることは企業姿勢として大問題だと思います。
販売者自身も許せませんが、それを下支えするインフラがあることも事実で、この点についてもわれわれは監視を続ける必要があると思います。

「とっとっと?」「とっとっと!」

これは九州方面で通用する会話ですが、N井はまさにろくでもない商品で「金をとっとっと!」(とっている)のです。私は、情報商材とは役務の提供を意味していると思っていますが、N井は最低限の役務も提供してはいません。早く返金して破産してもらい、地底深く潜ってもらいたいものです。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/445-5d50d424

美容整形