暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 時事、トレード(株、FX)
> ネコがここまで共食い? 悪いけど信じられない。

ネコがここまで共食い? 悪いけど信じられない。 

細君から聞いて確認してみたが……。

どうやら、大元は”だた1サイト”、ここ↓らしい。
『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー 被災地、室内猫生存率10パーセント

専門的なことは動物学者にでも聞いてほしいのですが、これを見た人たちが、この絵を共食いとして拡散することには甚だ疑問。

1)室内にネコが複数飼われている状況で共食いが頻発しているという割には、それらしき画像はここ一つしかない。

2)避難するときに、わざわざ家屋を密閉するのか? 火事場泥棒対策で施錠するということはあっても、生き物がいることを承知で小動物の出入りを不能にしてしまうのが普通だろうか?

3)そもそもネコが、毛皮の部分まで食べるとは思えない。ライオンなどにしても、内蔵や筋肉は食べても、あばら骨や毛皮まで食べることはない。

4)3匹とも共食いされた、かつ密室であるのであれば、最後まで生き残った無傷なネコはどこへ行った? 少なくと最後の1匹は無傷(餓死状態)で発見されるはずではないか。しかも、食べたほうには、その痕跡があって然るべきでは?

5)仮に、閉じ込められてから1週間前後生きていたとして、随分死体が新しく(赤く)見えるのが不自然。

6)共食いと言う以上、生きている同士を前提とした言い方だが、死んでからのことであれは、随分と事情は変わってくる。

7)例えば、衰弱死したネコをネズミなどが襲ったということは考えられないのか。

8)犯獣が同じ室内で買われていたネコであるならば、その証拠(糞や胃の内容物など)があるはず。

9)それぞれ3匹のネコが死んでいる場所がまったく異なることから、犯人ならぬ犯獣(虫)は別にいるのではないか。ネコ科の場合、空腹時には獲物のそばにいて、略奪者から守ろうとするはず。

10)動物愛護を掲げる人が、こんな画像を平気で公開できるのか。商売のための煽り画像掲載と思われても仕方ない。

etc.

従って、この絵を共食いとする情報は、かなり胡散臭い(プロパガンダだ)と思います。前半の犬の写真と後半のネコの写真とのあいだにも、齟齬(飛躍)を感じます。

関連記事

コメント

写真を見ました。

ものすごく不自然に見えます。
同僚数名にも見て貰いましたが同様の意見でした。

ネズミの共食い後の様子は見たことがあるのですが
そこではほとんど残っていない個体もありました。
が、床の汚れ方(血液、毛、骨など)や食べられた後の残骸の様子はかなりひどく、リンク先の写真のを見る限り綺麗すぎると言わざるを得ないです。

ネズミと猫とでは違うかも知れませんが違和感を覚えたのは確かです。

鷹司さ~ん(´・ω・)ノ゛オヒサデツ!
これはもっと小さな、虫とかが犯人のような気がします。
ネズミかもね・・・

共食いではないですね。
ネコ科の食い方じゃないし、そもそも飼い猫は共食いせずに飢え死にします。

かといって、餓死した猫を虫が食べたにしては少し違うし。

ちょっとわかりませんね。
ただ、こういう時を利用して、様々なグループが様々な思想で動いていますので、情報の捉え方には注意が必要ですね。

アッシュさん、ヒロコさん、暴露屋さん、ありがとうございます。

やっぱりどこかヘンですよね。
まるで、蟻かゴキブリか蛆か……、あるいは……。
昨晩、友人から電話があったのですが、1~2週間で自分の体重くらい食べたネコがいたら、そのネコは生きているはずではないかとも。

同意です。
動物を助けるという名目で他人の住居内に不法侵入している団体など、信じるに値しません

親猫が子猫食べとる動画があったりしますよ・・・

ゲスト(7/24)さん

コメント、ありがとうございます。
わたしも後日になってからですが、その動画を観たことがあります。たしかに、母猫が子猫らしき脚を食べてました。
ただ思うに、食べるのはあくまでも死んでからで、生きている同類を相手には行なわないのでは? というのがわたしの見解です。
震災後、家に繋がれてた2匹の犬のうち、小型犬のほうが白骨化していた(大型犬のほうは辛うじて生きていた)という話も読みました。
そういうこと(餓死してから)なんだろうと解釈しています。

他に餌があれば食わないし、無ければ死んだり弱ったりしてる奴を食うだろ
信じられないとか言ってる奴はペットに夢みすぎ

人間が孤独死した後の密室で猫同士が共食いされているのはよくある事みたいですよ。
被災と動物愛護団体が関わっている事で変に考えすぎてる人がいますが猫は肉食で共食いします。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/394-125a7982

美容整形