暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 時事、トレード(株、FX)
> 気が付いたこと、知ったことは、すぐに伝えるべきか?

気が付いたこと、知ったことは、すぐに伝えるべきか? 

昨晩、情報リテラシー教育を生業の一つにしている方と夕食を共にしたのですが、最近に限った話かどうかは別として、「30代半ば以下の若い人たちって、見聞きしたことをそのまますぐに伝えたがる人が多い」というような話が出ました。「新情報はなるべく早く、そのまま拡散させるのが善」みたいな、世代特有かもしれない価値観があるのではないか? というような。

そんな話をしながら思い出したのが、20代の頃に父親に注意を受けた言葉です(シチュエーション的には、母親が車を降りるときの危なっかしさを咎めたときのことだったのですが)。

曰く、「気がついたからと言って、口に出さないほうがいいこともある」
(うちの父親、10年に1回くらい、その後も忘れないことを言います。)

昔からそうだったのか、情報伝達手段の発達によって目立つようになっただけなのか、周りが置かれている状況を踏まえられないというか、最近の言い方だと”空気を読まない”というか、昔よく言った近所の”拡声器(スピーカー)おばさん”みたいな若者の割合が増えたように感じます。

次元は異なりますが、これって↓ほんとうにどうかしてるんじゃ……。
http://ameblo.jp/kk5160/entry-10856500176.html の後半
何十万人もの顔の見えない不特定多数に伝えるような内容だと思っているのでしょうか?

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/389-c8efbee9

美容整形