暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP サイエンス・環境・食・健康
> 酸素&水素爆発の可能性を下げる試みとして……?

酸素&水素爆発の可能性を下げる試みとして……? 

昨日から、〈格納容器内の水素爆発を防ぐために〉という目的で、窒素の注入を実施することになったようですが、素人考えながら、もっといい方法があるのでは? と思い、投げ掛けてみる次第です。

窒素注入の理由としては、「水素が4%以上、酸素が5%以上になると水素爆発の危険性があるため、窒素を入れて、それぞれの濃度を下げる」とのことでした。

まことに素人考えながら、「酸素吸収剤は使えないのだろうか?」と思いついたわけです。

ざっと調べてみると、こんなページが見つかりました。
三井金属研究所|研究内容紹介|脱酸素剤

真ん中辺の二つの式を足し合わせてみれば分かるのですが、その結果はこうなります。
              ⊿
χH + χ/2・O ―――→ χH2O↑

つまり、水素と酸素が”熱を吸収して”水蒸気になるということです。しかも体積は、3/2・χがχに、つまり3分の2になるということになります。

格納容器内はそもそも高温ですので、CeOと上手く反応させることができれば、水素と酸素を水蒸気に戻し、かつ両者の体積を3分の2にできそうな気がするのですが……。

もちろん、水に混ぜたような形で注入してもダメで、窒素に細かい粉末を混合したようなものを入れて、気体の水素と酸素に接触させなければならないでしょう。

実験室レベルですら、思惑通りになるのかどうかすら分かりませんが、例えばこういうアプローチもあるかもしれないと思った次第です。

日本の企業は多岐に亘る優れた技術を持っていて、おそらく、多数の技術者が「こんな方法が使えるのではないか?」と思っていることだろうと思います。

ならば、そういった知恵を集める窓口を、科学技術庁(文部科学省)or経済産業省あたりが開設してもいいのではと思います。なにせ、両省にはたくさんの優秀な技官もいますし、大学や研究機関との繋がりも深いわけですから。

今日の内容は、正直なところ、まったくの Just Idea ですが、解決策を探るアプローチとしてはアリだと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/387-2abdf7e2

美容整形