暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> 時事、トレード(株、FX)
> 海外勢の影が薄いのはなぜ?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外勢の影が薄いのはなぜ? 

各国から相当な人数の援助部隊が来日しているのも関わらず、外国の援助隊がTV画面に現れるのが稀すぎると思いませんか? 寧ろ、普段から日本で生計を営んでいるアジア人の方々が、食事を振舞ってくれている絵のほうを目にします。パキスタン人がつくってくれた、豆スープかけご飯とか。

実際映像では、韓国、中国、ニュージーランド、米国の部隊をちらっと見た程度です。

詰まるところ、日本の災害救助能力が高くて、部分的にでも外国勢に任せるに及ばないということなのでしょう。

言葉の壁の問題もありますが、いちいちディレクションして動いてもらうよりも、簡単な説明で自衛隊に動いてもらったほうが、時間的にも労力的にも早いということだと思います。

ということは、結局、自衛隊をはじめとする公共の部隊、各市町村の事務局に、いかに遅滞なくエネルギーや食料を兵站するかということに尽きるわけです。

そう考えてみると、台湾からのお金やロシアからのLNGの援助は、的を射てるような気がします。

いっそのこと、自衛隊の精鋭からなるサンダーバード(国際救助隊)を組織すれば、世界貢献できるかも。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/363-0d5a1c94

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。