暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 時事、トレード(株、FX)
> 為替相場は放っておくべし

為替相場は放っておくべし 

ドル円相場で、円が急騰していますが、一般の投資家は今は参戦せず、放っておくのが得策です。

レバトリとか、円需要とか、いろいろ言われていますが、要は、海外の投資主体がドルを売って円を買っているだけです。要は、人の不幸に付け込む投機ですから。

一過性のものですので、あえてポジションを取らなければいいだけの話です。ロスカットされてしまった方はお気の毒ですが、今回の場合、その前に手仕舞いする余裕はあったはずですので自己責任です。

原発が落ち着けば天井を打ちますから、そこからが勝負です。今はむしろ、円高を利用して、買えるだけの油や穀物を買っておけばいいんです。輸出産業の立ち直りは一歩遅れますから、そのタイミングで円安が始めればいいわけです。

なぜ、これだけ円高に振れているのに、日経平均はそれほど下がらないのか? 要は、日本買いなんですね。福島第一原発の安全性が確認されれば、一気に戻りますから、個人投資家としては、そのタイミングがチャンスだと思います。

デフレからインフレへの転換点が近いような気がします。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/362-94165666

美容整形