暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP サイエンス・環境・食・健康
> 花粉症対策のための新アイテムに関する補足――第二世代抗ヒスタミン薬

花粉症対策のための新アイテムに関する補足――第二世代抗ヒスタミン薬 

昨晩遅くに、「ハイガード」と「スカイナーAL錠」は成分が同じだったことが分かって助かった、という話を書きましたが、その理由を説明しておきたいと思います。

元々、今年の花粉飛散量は昨年の5~10倍、ここ10年の中では2番めに飛散量が多いということで、毎日行う、予防的なものを探していたわけですが――

それを探す途上で、以下のページを見つけ、

第二世代抗ヒスタミン薬とは - Weblio辞書

常用できる飲み薬を3アイテム見つけたわけです。


「スカイナーAL錠」(エーザイ)の主成分は アゼラスチン塩酸塩で、「ザジテンAL鼻炎カプセル」(ノバルティスファーマ)と「パブロン鼻炎カプセルZ」(大正製薬)は、ケトチフェンフマル酸塩です。

どちらも、「その他のアレルギー薬」に分類される第二世代抗ヒスタミン薬ですが、どちらの効き目がいいか、副作用が少ないかは人によると思いますので、両方試してみてから選んだほうがいいかもしれません。
筆者の場合、元々、眠気などの副作用が出にくい体質なため、日常(1日2回)は「ハイガード」または「スカイナーAL錠」を、症状がひどいときの対処として、シベロンブロックで有名な「パブロン鼻炎カプセルS」を使っています。

※上記のショップですが、それぞれのアイテムのうち、現時点でいちばん安いショップを選んでいます。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/340-6b9460e4

美容整形