暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 時事、トレード(株、FX)
> アメリカのふり見て我が国直せ!

アメリカのふり見て我が国直せ! 

これはゼッタイに読んで、観てほしい、書籍と動画のコラボ企画のご紹介です。

制作の順序としては、先に映像ありきなのでしょうが、まずは書籍のほうから――

松嶋×町山 未公開映画を観る本松嶋×町山 未公開映画を観る本
(2010/11/16)
町山 智浩、松嶋 尚美 他

商品詳細を見る
米国の病弊、恥部?を題材に制作されたドキュメンタリー映画25本について、映画評論家の町山智浩氏が、質問役を務める松嶋尚美との対談形式で解説をしています。

この町山氏、カリフォルニア州に長く住んでいるのですが、米国の暗部にとても詳しく、呆れるばかりの話がポンポンと飛び出します。しかも歯に衣着せずに。

筆者としては、年間を通して推していきたいと思った本&映画なので、目次(映画作品名)の日本語部分を全部載せたいと思います。


 1.『ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』
 2.『ザカリーに捧ぐ』
 3.『ビン・ラディンを探せ!~スパーロックがテロ最前線に突撃!~』
 4.『フロム・イーブル~バチカンを震撼させた悪魔の神父~』
 5.『ステロイド合衆国~スポーツ大国の副作用~』
 6.『フロウ~水が大企業に独占される!~』
 7.『金正日花/キムジョンギリア』
 8.『カシム・ザ・ドリーム~チャンピオンになった少年兵~』
 9.『クルード~アマゾンの原油流出パニック~』
10.『レリジュラス~世界宗教おちょくりツアー~』
11.『マッド・ムービーズ~オーストラリア映画大暴走~』
12.『グッド・ヘアー~アフロはどこに消えた?~』
13.『クレイジー・ラブ~ストーカーに青された女の復讐~』
14.『アーミッシュ~禁欲教徒が快楽を試す時~』
15.『イエスメン~大資本と戦うお笑いテロリスト~』
16.『イエスメン2~今度は戦争だ!~』
17.『ウォルマート~世界最大のスーパー、その闇~』
18.『マックス・アウト~カード地獄のUSA~』
19.『イエスのショッピング~買い物をやめろ教会の伝道~』
20.『スーパー・ハイ・ミー~30日間吸いまくり人体実験~』
21.『アウトフォックス~イラク戦争を導いたプロパガンダTV~』
22.『シェルピーの性教育~避妊を学校で教えて!~』
23.『ノット・レイテッド~アメリカ映倫のウソを暴け!~』
24.『CSA~南北戦争で南軍が勝っていたら?~』
25.『クローゼット~ゲイ叩き政治家のゲイを暴け!~』

ほぼ全編を読めば、米国の統治がいかにでたらめで、まっとうな人々が生きにくい、国全体を仕切る層(大資本家や国家マネージャーとしての政治家や金融家)だけのために運営されている国家であるかが鮮明に見えてきます。

5年前後前から1年前くらいのあいだに制作された作品が多いため、ブッシュ政権とその政策や共和党への献金が多い大企業をターゲットにしたものが少なくないのですが、それにしても酷い。ひと言でいうと、米国民の大半は、合法的に奴隷にされているようなものです。

米国の言いなりになっていると、日本もどんどんこういう状態に近づいていくのだろうなと思うと、ぞっとすると思います、おそらく。国会議員や企業家には、ゼッタイに読んで&観てほしい作品群です。

で、どうすれば映画作品を観られるかというと――

このサイト↓に行ってください。
未公開映画祭

書籍に取り上げられた25作品を含めた39作品が10,000円で観放題です(視聴期間は配信終了日まで)。一度に10,000円はイタいので小分けにしたいということであれば、5作品2,000円のパック(視聴期間は2週間)や単品買い(500円で同72時間)もあります。

最初、同書を読んだときは、「松嶋尚美って英語できたっけ?」と思っていたのですが、サイトに行ってみたら、全作品に日本語のテロップがついていました。さらに全作品とも予告編を観ることができますので、書籍の解説(対談)と予告編でもって、十分に吟味して選べると思います。

全作品とも日本未公開で、順次DVDも発売になっていますが、DVDは1作品あたり3,000円ほどしますので、半永久保存の意思がなければ、オンデマンドが圧倒的にお得です。

最後に、25作品のなかでもとくに筆者が観てほしいものは――

と、その前に、巻末のあとがき的なトークで松嶋尚美が推しているのは 1.6.8.14.17.18.といったところ(おとろし系)で、町山氏は 15.16.20.3.5.といった笑いのめす(おちょろけ)系が好きなようです。
で、筆者が観てほしいな、と思うのは、1.6.9.15.16.17.18.21.といったあたり、さらに絞るとすると、6.9.15.16.17.の5本ですかね。

まずは2,000円でいくか、6本以上観る前提で10,000円入れるか、それが問題……。視聴期間を考えると、10,000円に傾いてはいますが……。

是非、個々の作品の感想をお寄せください。<(. .)>

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/327-5f51eee9

Ⅲ-2 抗がん効果のある食べ物 (3)食べ物の相乗効果と野菜スープ

要約> ・一部の食べ物は、がんの成長を促進する”プロモーター”となる。 ・逆に、”反プロモーター”となる食べ物もある。それらは、がんの成長に必要な機能を阻害し、がん細胞をアポトーシスに追い込む。 ・食べ物は毎日、1日に3回(通例)人体に働きかける...
  • [2011/01/09 23:19]
  • URL |
  • 健康、食、栄養、生活科学……に関する話題をお届け! |
  • TOP ▲
美容整形