暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> ライフイベント
> 「トイレの神様」(植村花菜 )――こんなに涙が溢れた唄は久しぶりだ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トイレの神様」(植村花菜 )――こんなに涙が溢れた唄は久しぶりだ 

今晩の夕食は、2週間ぶりに、近所のラーメン屋さんに行った。
「都合によりしばらくお休みします」という張り紙を三回くらい見ていた。
また病気がぶり返したのかと心配していたお店。
店に入ると、有線大賞が生放送で流れていた。
その店主は、地元では、外見によらず唄が上手なことで有名で、ただ一人の先客との会話を盗み聞きしていたら、埼玉放送主催の大会の一次予選を通過し、今度の27日が二次予選だという。
先客がいなくなった時に尋ねたら、二次予選は150人で競い、勝ち残った30名が元旦の決勝戦に進むらしい。
決勝戦の様子は、元旦に、埼玉放送で生中継されるとのことだ。
そんな会話を交わしたあと、二度目の注文をした。
その時、TV画面から流れてきたのが、この曲だった。
ほんの数秒間のインタビューで、唄い手が西日本のお嬢さんだということも分かった。
最初のうちは、〈なつかしいメロディーやな〉と聴いていたら、いつの間にかその歌詞に引き込まれていた。

僕には、おばあちゃんの記憶はない。
二人とも、僕が生まれる前に亡くなっている。
祖父も、三才頃まで生きていた父の親父さんの記憶が微かに残っているくらい。
懐かしいメロディに乗って、仲のよさそうなおばあちゃんと孫娘の姿が眼に浮かぶ。
その孫娘が家を出て二年、おばあちゃんがいよいよとなった時、駆けつけた孫娘を待ちかねていたかのように……。
ベットが空になる。
そんな、大好きなおばあちゃんがいたなら当時を思い浮かべ、いなかったなら……想像しつつ、聴いてください。

関連記事

コメント

年末が近づき、今年の曲として取り上げられることが多いせいか、再度火がつきはじめましたね。

当初かなり叩かれていましたが、個人的には好きな曲なので認知度が高まり良さをわかる人が増えると嬉しいです。

ご無沙汰です

詐欺暴露屋さん>

わたしも、出だしのあたりでは、「聞いたことのある曲と似てるな、――似すぎ!?」と訝んだのですが、なんと言ってもこの唄は、歌詞を聴かせますね。

加えて、何箇所かに現れる、関西弁イントネーションの節回しも。

例の件も、もうちょいです。

ホント泣かせる唄だわ

初めてフルコーラスで味わせて頂きました

この唄は全部ちゃんと聞かないと、実は分からない曲だったんですね

本当に大切なものは自分の身近にあるんだと…頭では理解してるつもりなんだけど、生活に追われて忘れてしまう人間の性を感じますね、人間回帰に相応しい唄と言うか、唄って素晴らしいなぁって素直に感じました

トイレにはそれは~それは~綺麗な女神さんが居るんやで~♪

関西弁がまた実にいい味わいを引き出してるんだよな

大晦日にでも一人でこっそりと焼酎のロックでもチビチビやりながら、しみじみと聴いてみたい逸品ですね、こっそりと涙流しながらw

この記事を読む前に、情報商材の詐欺うんちゃらかんちゃらのきな臭い話を楽しく読んでましたが、この唄聴いた直後に、うーん…?な気持ちになりましたw

今度は余談です…

PS1
人伝で聞いた話ですが、なんとも家の中には7人の神様がいるそうで、1人ずつ神様がいろんな場所へ入るのですが、最後に入る神様はお土産(幸福)を沢山持っていて、その神様は他の神様が避けたトイレに入るからトイレは特に綺麗にしてそこにいる神様を喜ばすと運気が上昇するとかしないとか…

PS2
神様話の続きですが、神様の中で誰もがしたくない仕事をじぶんから進んでしたそうで…
なんでも右手に小、左手に大を受け止めるとの事、ちなみにツバなど汚物以外をトイレですると口で受け止めないといけないらしく激怒するとの事…

PS3
この曲を公共のトイレで流したら、綺麗に使う人が増えるかも

PS4
おばあちゃん世代ならトイレと言わずに、便所とか厠とか言うんでは…とふと思いました…

PS5
この唄ってばあちゃんだからこその話だなと思って、じいちゃんバージョンは?と想像しましたが…男って女に比べるとホント性もないって結論に至りました…

まいど!です。 いろんなところで(笑)

酔拳masterさん>

私も、「家長がトイレ掃除するとお金に恵まれる」という話を聞いたことがあります。
また、それを実践している、30代の男も知っています――といっても一人暮らしなんですが(笑)。

じいちゃんだと、そうですねぇ、虫取りや釣りに連れて行ってもらった思い出とか、喧嘩して負けて帰ってきたときに正義と誇りを教えられたとか、普段温厚なのに家族のために体を張ったときのこととか、そんなイメージですかね。

P.S.
唾してはいけない話。反省しなくては。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/315-b7006948

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。