暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> 業界は戦国時代(シナ)初頭の様相に?

業界は戦国時代(シナ)初頭の様相に? 

何となくですが、嵐の前の静けさというか、最近、あっちもこっちも表面的には凪いでいるようですが、今の情報商材業界って、どんな時代状況に喩えると分かりやすいかぁ? と考え抜いた?結果――

時は春秋時代末期、晋が韓・魏・趙に分裂し、世の中が戦国の七雄に占められんとする少し前の時代。当初は文候が統べる魏が優勢を誇っており、その足下に呉起という名将がいたのですが、文候亡き後、呉起は失脚し、楚に亡命します。秦にはまだ商鞅が登場しておらず、性悪説に基づく変法が行われ先軍政治体制に移行する前で、魏・秦・楚・趙・斉の国力が拮抗していた頃です。

魏、秦、楚が鍔迫り合いをしていた当時を、キーマンである呉起の立場とともに眺めると……
※呉起については、詳しくは「呉起 - Wikipedia」を読んでください。

魏、秦、楚と呉起に、3つの会社(2つはASP)と1人が当て嵌まるような感じでしょうかねぇ?

いちおう、「呉起 - Wikipedia」の重要部分を転載しておきます。

(前略)

文侯は魏の歴代の君主の中でも一二を争うほどの名君で、積極的に人材を集め、魏の国力を上昇させていた。文侯が呉起を任用するかどうかを家臣の李克に下問したところ、李克は「呉起は貪欲で好色ですが、軍事にかけては名将司馬穰苴も敵いません」と答え、文侯は呉起を任用する事に決めた。

呉起は軍中にある時は兵士と同じ物を食べ、同じ所に寝て、兵士の中に傷が膿んだ者があると膿を自分の口で吸い出してやった。ある時に呉起が兵士の膿を吸い出してやると、その母が嘆き悲しんだ。将軍様がじきじきにあんな事をやって下されているのに、何故泣くのだと聞かれると「あの子の父親は将軍様に膿を吸っていただいて、感激して命もいらずと敵に突撃し戦死しました。あの子もきっとそうなるだろうと嘆いていたのです」と答えたと言う。

この逸話の示すように兵士達は呉起の行動に感激し、呉起に信服して命も惜しまなかったため、この軍は圧倒的な強さを見せた。呉起は軍を率い、秦を討ち、5つの城を奪った。この功績により西河の太守に任じられ、秦・韓を牽制した。

文侯が死に、子の武侯が即位すると田文と宰相の座を争うが、これに敗れる。

(中略)

その後田文が亡くなり、文侯の女婿でもある公叔某が後任の宰相となった。しかし公叔は呉起を嫌ったために、妻の弟である武侯に呉起のことを讒言した。そのために武侯は呉起を疎み始め、両者の間は上手くいかなくなった。さらに公叔は呉起を陥れる策略を画策し、呉起に反乱の罪を着せようとしたので呉起は楚に逃亡した。

(後略)

ピンときたあなた、業界通です。
関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/310-1eb54cad

序-1 がんを抑えるための4つのルール

発がん物質のデトックス がんに対抗できる食生活 適度な運動 精神的な平穏を求める 既に、遺伝子の損傷・変異とその蓄積が、がんをはじめとする生活習慣病に繋がることは知られていますが、上記を言い換えると、がんの抑制(予防)には次の3つの観点が重要...
  • [2010/11/01 06:23]
  • URL |
  • 健康、食、栄養、生活科学……に関する話題をお届け! |
  • TOP ▲
美容整形