暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> 「D/M」(http://death-money.org/)の販売者、システムコミュニケーションズ(竹下浩樹/新宿区新宿2丁目16-9-501)はやっぱり詐欺師!

「D/M」(http://death-money.org/)の販売者、システムコミュニケーションズ(竹下浩樹/新宿区新宿2丁目16-9-501)はやっぱり詐欺師!  

管理者限で頂いたコメント――コメント主さん、ありがとうございます。直接ご連絡が取れないので、公開の範囲については、当方で判断させて頂きました――の一部をご紹介します。

――その前に、スタイル系情報商材のビジネス構造(1)を今一度、ご理解ください。

要は、商材名と販売者名はコロコロ変えられても、住所とHPのドメイン(URL)は、インフォスタイル社のルール上、簡単に変えられないという点を押さえておいて頂きつつ、以下をお読みください。

〈判別式ネット集金プログラム「D/M」の面白い情報です。〉で始めるコメントなのですが、コメント主の方も現場を調べたり、郵送物を送ってみたりされたとのことです。


私もこちらのビルを友達に探ってもらい、ビルのオーナ様にも直接お話を伺いました。
鷹司堂後様の予測通り5,6階はオーナー様のお部屋です。
cf.http://dohgo.blog22.fc2.com/blog-entry-245.html

「竹元某や会社名など聞いたことが無く、最近は直接返金を求める方が訪ねてくるようになり大変迷惑をしている」とのことで警察にも言っているそうです。

ところが竹元某宛の郵便はなぜか届くんですよね?(これも確認済み)
郵便の転送サービスでも使っているのか……謎ですが最後の501が郵便振り分けの肝になっているように思います。

なおこちらの情報私が嘘をついていない証拠ですが6階が○田様で5階が○川様ですよね? ほんと、インターネットのイの字もないような普通の方でした。


ポイントは2点。

1.”郵便物は届く”

筆者の知人が現場を確認したときには部屋番号は表示されてなかったのですが(1フロア1部屋)、これが入っていることで郵便局での転送の対象になるということは十分に考えられます。

2.”竹元某や会社名など聞いたことが無く……”

これが本当だとすると、名義借りどころか、個人情報の無断使用ということになります。
尤も、「たけもと」なり「たけした」なりとは別の名前で話を付けている可能性もありますが、もしそうであれば、”警察にも言っている”という話が嘘ということになります。

前者を裏付ける届けが重なって、捜査機関の介入で身元(住所)と本名が割れれば面白いことになりますね。

そうなれば、商材名と販売者名を変えて云々で済むレベルの話じゃないことはお分かりかな?

追記
〈時折直談判に訪れる被害者のなかに、ダイエット系の薬などの被害者も居るらしい〉とのこと。
となると、この商材の販売者(仕掛け人)は、情報商材以外にも似非健康食品などにも手を染めていることになりますね。
やはり、いちばんのキーはインフォスタイル社発の金の流れですね。
関連記事

コメント

住人が無関係だとして、しかし郵便物は届く。
これ、販売者がうまく立ち回ったつもりでここから瓦解しそうな気も。
「ダイエット系の薬などの被害者」これも別名義で何かやらかしているとしたら…

これは面白いです。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/267-91e294d0

美容整形