暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> 「セカンドライフ」で稼げた人、いますか?

「セカンドライフ」で稼げた人、いますか? 

何年前になるんでしょうか? 「セカンドライフでの儲け方」「セカンドライフで稼ぐ」といった情報商材が売り出されたことがありました。まだ、稼ぐ系情報商材草創の頃でしたので、ベテランの方々でないと記憶にないかもしれません。

例えば――

既に販売は終わっていますが、レビューサイトとしては、以下のようなページがまだ残っています。

300円OFF!! セカンドライフ超儲け方導入編:情報商材 安売王 (キャッシュバック王)

セカンドライフ超儲け方本編 ネットビジネス系情報商材レビュー 情報商材レビューなら情報商材.com

セカンドライフ超儲け方本編 アフィリエイトやアドセンスで報酬アップ

セカンドライフ超儲け方本編 情報商材の宝庫

で、内容的にこの商材の後継と思われる商材が、今も販売中です。

それは――


セカンドライフ(SecondLife)を使って年収3,000万以上稼ぐ方法(乃村 健)です。
特商法に基づく表記はこうなっています。


実はここまでは前段の話でして、この商材「セカンドライフ(SecondLife)を使って年収3,000万以上稼ぐ方法」への誘導役を果たしている(いた)ページが存在します。それがこちら↓です。

セカンドライフ(SecondLife)を使って年収3000万円稼ぐ方法

よく見てもらえれば分かるのですが、ページの下のほうが不自然に大きく空いていていますよね。何かが書かれているようなのですが……。

ブラウザからソースを開いてみてください。A4換算で20ページほど、3万字近いテキストが書かれています。検索エンジン対策だと思われますが、ちょっとやりすぎですよね。"セカンドライフ"で検索してもらえば、冒頭に挙げたレビュー対象の商材との共通点が理解できると思います。

このページの冒頭にあるテキスト、「セカンドライフで年収3,000万円稼ぐ方法。」から、セカンドライフ(SecondLife)を使って年収3,000万以上稼ぐ方法(乃村 健)へ誘導されているのでですが、アフィリリンクになっていない以上、同一人物か仲間内によるものと考えていいと思います。


で、実はここからが本記事の本題です。

この商材、セカンドライフ(SecondLife)を使って年収3,000万以上稼ぐ方法(乃村 健)に掲載されている人物写真についての印象なのですが、「どこかで見たことがあるような……」。

まず、2ページめくらいにある、〈僕の中のアフィリエイト概念が覆されました〉の横の男性の写真(http://www.secondlife-money.biz/takashisan.png)。画像名が"たかしさん"となっていますが、情報商材レビュー!外資コンサルが分析・比較!儲かる情報商材レビュー!!の左サイドバーの方を彷彿とさせるんですよね――私には。あくまでも”私には”ですが。

さらに、末尾から4スクロールくらいのところにある女性の写真(http://www.secondlife-money.biz/tadakosan.png)。画像名は"ただこさん"となっていますが、優良商材一本釣り!!by ~インフォフィッシング小林~の左サイドバーの方ではないかと感じたのですが……。

当初から、優良商材一本釣り!!by ~インフォフィッシング小林~の写真については、「女性ではないのか?」と感じていたのですが、両サイトの写真を見比べるに、後頭部のリボン、耳の感じ、羽織っている服の襟足の色などが一致しているように思えます――あくまでも”私には”ですが。

因みに、、セカンドライフ(SecondLife)を使って年収3,000万以上稼ぐ方法(乃村 健)がインフォトップの登録されたのが、2007年の8月下旬情報商材レビュー!外資コンサルが分析・比較!儲かる情報商材レビュー!!の発足が2008年の12月。、優良商材一本釣り!!by ~インフォフィッシング小林~の発足も2008年の12月です。この間、約1年と4ヵ月ですね。

単なる情報商材の制作・販売から、アフィリエイターを積極的に投入するに至るまでの期間としては、リーズナブルです。参考までに、インフォアシストの発足は2008年の10月インフォ記事の発足も2008年12月の模様です。

改めて思うに、まさに軌を一、――ならぬ、”起”を一にしてますね。

関連記事

コメント

セカンドライフwww

久しぶりにこのキーワード見ました。

今だと「Twitter」ですな。

いつになったら「情弱君」たちは自分の武器を持つのか楽しみです。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/219-a9c86f07

美容整形