暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 未分類
> 松坂慶子(in ウルトラセブン)は元・名古屋顔? アンヌ、あなたも……?

松坂慶子(in ウルトラセブン)は元・名古屋顔? アンヌ、あなたも……? 

その後もVODでウルトラセブンを観ているのですが、
その第31話「悪魔の住む花」(宇宙細菌ダリーの
登場する回)に――知る人ぞ知るなのですが――
松坂慶子(おそらく20歳にならないくらい)が
出演しています。

顔つきを覚えていたわけではなかったのですが、
改めて観たら、当時は典型的な一重瞼。

しかも誰かに似ている――。

民主党の河村たかし、中日の山本昌、レスリングの
伊調馨(妹のほう)……。


県民性と同様に、県民顔と言えそうな傾向があるのでは
ないかと普段から思っているのですが、もし上記の3人を
名古屋顔と言えるのであれば、松坂慶子も間違いなく
そこに入りそうです。

ほかに例えば、新潟の男性には、色白・丸顔・ぱっちり眼の
人が多いように思えます。


閑話休題――。

映像を観る限り、松坂慶子よりも菱見百合子(アンヌ)のほうが
よほど美形なのですが、そのアンヌに関してもある疑念が……。

アンヌは第11話から第13話まで出演をお休みしているのですが
(第12話はスペル星人の登場する永久欠番なので確認不能)、
第10話までより、第14話以降のほうが、美人度がグッと上がって
いることに気づき、冒頭のタイトルとなったわけです。


余談ですが、物語では、宇宙細菌ダリーがヒロインの肺に
巣食って瀕死の状態に陥るのですが、細菌なのになぜか
ダニのような節足動物系、しかも卵から生まれているので、
明らかに細菌ではなく寄生虫ということになります。


閑話休題。
しかし、松坂慶子はその後ブレイクし、菱見百合子はあまり
目立たず……、というか子どもの前にはまったく登場して
くれず、とても残念な日々が続いていました。

映画「同棲時代」(主演:由美かおる)では、次郎(仲雅美)と
今日子(由美かおる)が同棲するアパートの隣の部屋に住む
薄幸な女性を演じていたのが印象的でした。

たまには、彼女のブログでウルトラセブンの裏話を探すのも
愉しいかもね。

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/19-14bff14c

美容整形