暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> インフォスタイル社、JCBが取引停止に?

インフォスタイル社、JCBが取引停止に? 

昨日、インフォスタイル社から、こんな連絡が来ていました。

(前略)
この度、決済システムの都合により、
一時的に一般商材のJCBカード決済機能を
利用停止させて頂くことになりました。
(中略)
お手数ですが販売ページのJCBロゴを
一時的に外して頂きますよう……


もしあなたが情報商材の販売者ないしは購入者であれば、これを読んで、〈あぁ、そうなの〉で思考停止してしまってはいけません。

なぜなら――


まずは事前知識として、この記事
インフォスタイルのカード決済会社|詐欺商材根絶!,巷の,詐欺商材,悪徳商材,自称,稼げる,情報商材,情報商材,レビュー,の,内情,を,徹底暴露
に目を通してみてください。

TELECOM CREDIT(テレコムクレジット)が、決済後のトラブルの多さに閉口して取引きを打ち切りに掛かっているように読めます。インフォスタイル社としては、一時的にあれ、VISAでの決済が中断されることは致命的ですから、ZERO(ゼロ)社経由VISA(米国本社)の決済ルートを確保したと考えられます。

ここで冒頭のメール文に戻りますが、JCBは純然たる日本企業であり、加盟店として取引きを行うためには、窓口企業がどこであれ、必ずJCB本体の審査が必要になります。同様に、加盟店登録後の取引き継続の是非の判断もJCB本体が行います。

従って、冒頭のメール文の裏側には、JCBが何らかの理由により、インフォスタイル社に最後通牒を差し出すような動きがあったことが読み取れます。つまり、”一時的”かどうかは、JCBが決めることであり、インフォスタイル側の事情には依らないということになります。

もう一つの可能性としては、決済代行会社をTELECOM CREDIT(テレコムクレジット)からZERO(ゼロ)社に切り替えるに当たって、ZERO(ゼロ)社からVISA、MasterCard、JCBにインフォスタイル社の加盟店審査を申請したところ、JCBだけ通らなかった、ということです。

総合すると、TELECOM CREDIT(テレコムクレジット)は近々インフォスタイル社から全面撤退、ZERO(ゼロ)社はVISA、MasterCard、JCBのうち、JCBの審査は通せなかった、と考えられます。

これが何を意味するかは、インフォスタイル社が仲介する商材を売買したことがある方なら、すぐにピンと来るはずです。

あとは、ゼロ社(と同じく米国VISAを窓口としている決済代行会社)や米国VISAが、今後どう判断するか? ということでしょうか。

そろそろ、どこぞのメディア(ex.雑誌社)が記事にしようとするかもしれませんね。

関連記事

コメント

応援ぽちしました^^

真っ当な企業であればスタイ●の詐欺の片棒
なんて担ぎたくないですからね^^;

本当は国に取り締まって欲しいのですが^^;
  • [2010/03/03 10:34]
  • URL |
  • ひでまろ@情報商材レビューで詐欺商材を斬る!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

応援、ありがとうございます!

ひでまろさん、ありがとうございます。

実際のところ、特定のASPや販売者、アフィリエイターに限らず、消費者庁や公正取引委員会が内偵していてもおかしくない案件ですよね。

加速させるには、被害者一人ひとりが、官庁に声を届けることが大事なのですが……。

たいへん、ありがとうございます!

「管理人のみ閲覧できます」モードでコメントを頂いた読者さまへ

私にとっても他の読者の方々にとっても、たいへん心強く、かつ見識あるコメント、誠にありがとうございます。

次々回あたりで、一部引用をさせて頂こうと思います。

今後も応援、よろしくお願い致します。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/181-3d2cbafd

美容整形