暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP 稼ぎ系情報商材アフィリエイターレビュー
> 情報商材コーディネーター「KEI」も「西本圭」と同根か?

情報商材コーディネーター「KEI」も「西本圭」と同根か? 

私のごく親しい友人が、昨年8月下旬に発売された「ミリオネア・パズル」を購入し、ビジネスを試みたのですが、結果は惨憺たるものでした。

マニュアルどおりオート何がしを回し続けたにも拘わらず、問い合わせ一つないままに終わりました。

「やってみないければ分からない」という要素はあるとは言え、各アフィリエイター(レビュアー)の当時のコメントを振り返っておく価値はあると思います。

ます最初に挙げておきたいのは、Yahoo!知恵袋でのQAです。

ミリオネアパズルという情報商材を購入しました。パズルを単純にはめていくという...〉との質問に対し、ベストアンサーに選ばれた回答は、〈またくだらない商材を買ってしまいましたね。……

で始まります。

では、この商材に対して、”著名な?”アフィリエイター(レビュアー)はどのような評価を下していたのでしょうか?

この商材の発売日は2009年の8月21日ですが、試しに、時系列に見てみたいと思います(とは言え、ブログの更新日付は後で変えられますので、今時点のアップ日表記を基準にしていますが……)。

例によってこの人、「情報商材レビュー!!インフォ記事管理人 西本」氏。曰く(少し長くなりますが)

■4.飽和性、再現性、確実性■
▼飽和性
飽和の心配はここ10年は不要になります。
それは、日本に上陸したてということもありますが、
実はこのビジネス、世界中がマーケットになります。
※英語を使用したり、誰かとコミュニケーションをとる必要はありません。
※あくまで黙々とパズルを興じるだけでお金が入ってくるのです。
さらに、密かにミリオネアを出しているだけで、
一般的認知度がまだまだという段階です。
急激に飽和のしようがありません。
むしろ、そんな心配はナンセンス以外の何物でもないですよ^^
▼再現性、確実性
ブログをご愛読して頂いている方はご存知かもしれませんが、
実は、大学生の茂木君にモニターをしてもらいました。
もちろん、私も一緒に取りくんだのですが、成果はバッチリです^^
茂木君のコメントを紹介しますね^^
「こんにちは。茂木です。
西本さんとはバイト先で知り合いました。
今回、モニターという嬉しいオファーを頂いて皆さんより
一足早く参加させて頂きましたが、
1ピース埋めるごとに100円がチャリンと入っていく様は
まるで、ゲームでポイントを得ていくような感覚でした。
要は、自分の中では「現金」でなく「ポイント」としか捉えられず、
ゲーム感覚が抜けていなかったのですが、
実際に自分の口座に入金されているのを確認したら身震いしましたよ。。
そこから、目の色が変わりましたね(笑)
「欲しかったバイクが手に入る!」
そう確信してからは寝る間も惜しんでパズルをしてましたよ。
そして、1ピースづつ埋めるのが面倒になったので、
10ピースまとめて埋めてみたりと、効率的な方法を身につけてからは、
バイクまで早かったですね。」
いかがでしょうか。
信じられないかもしれませんが、事実です。
下記のような金額、あなたも手にできるんですよ。
・1億円(イギリス)
・9945万円(オランダ人)
・5909万円(ロシア人)
・5101万円(スペイン人)
Etc…

因みに、この記事と「ミリオネア・パズル」の発売日は同日です。

さらにこの方、「ネット鑑定士KEIの情報商材暴露レビュー」での同日(2009年の8月21日)付けの記事によると――

まさに、今回ご紹介するビジネスは
この数少ないビジネスモデルの部類に入る
私も含め、ほとんどの人が聞いたことすらない
情報史上初となる超優良ノウハウだと思います。

この「ミリオネア・パズル」は
全部で10000ピースの空白から構成されており、
そのピースが全て埋まれば、1ピース100円換算で
「合計100万円の固定報酬」を
確実に受け取ることができるようになっています。

最近よくある「第3者との関わり」は一切ありませんので
自分一人だけが決められた作業のみを
好きな時間で好きなだけ、コツコツと繰り返していくことで
決められた固定報酬が確実に支払われるという
今まで数々のネットビジネスに取り組んでも失敗してきた人達にとっては
”理想的な救世主的ビジネス”といっても言い過ぎではないと思います。

実際に日々の繰り返して行う作業である
ピースを埋める作業も、一定のルールに沿って
指定箇所を漠然とマウスクリックしていくのみで
完結してしまいます。

その作業量の目安としては、
1ピースを埋める際に、平均20~40クリック程の作業で、
作業時間としては平均5~10分程度です。

当然、マウスクリックのみの作業で完結しますので
何かの文章や文字を一文字でも入力するようなこともありません。

「10000ものピースを埋めるは大変じゃないか・・・!!」
このように思われる方もいると思いますが
冷静に考えてきてください!!

誰とも接することなく、どんなパソコン音痴の初心者にもできる
マウスクリックのみで、しかも好きな時に好きな量だけこなしていれば
それだけでお金に変わる・・・


両氏とも”絶賛”ですね。

それにしても、「西本圭」と「KEI」、ひょっとして同一人物? と想像してしまうのですが……。更新日も、ともに発売日と同日ですし。

実はまだもう一人、同じ穴の狢がいます。

インフォアシスト宮元による情報商材セールスレター暴露分析」によると、

世界一やり甲斐の無い、世界一稼げるパズルゲーム

では3C分析をしましょう。

Customer=稼ぐための市場
☆☆☆☆☆(☆5つがMAX)
Competitor=他の商材販売 や 他にそのビジネスをやっている
☆☆☆☆☆(☆5つがMAX)
Company=その販売者が信用できるか
☆☆☆☆☆(☆5つがMAX)

簡単で確実な利益の上がる優良な商材です。

だそうでして、3C分析など持ち出してくるところが、「アホかこいつは!?」という感もあるのですが、オール満点なところが輪をかけてます。

因みにこの方、先日記事にした「スリーサイト・トライアングル」(永井 忠雄)に関しても、

■早速3C分析をいたします。

Customer = 稼ぐための市場
☆☆☆☆☆   (☆5つがMAX)
Competitor =他の商材販売や
他にそのビジネスをやっている
☆☆☆☆     (☆5つがMAX)
Company = その販売者が信用できるか
☆☆☆☆☆   (☆5つがMAX)

とベタ褒めです。

これだけの高評価を出している人たちですから、そろそろ、実際にパズルが埋まった(収益が上がった)事例を出して示せなければ、レビュアー(アフィリエイター)に値しないと思うのは私だけではないと思います。

さて、翻って、片や発売後数日で疑念を表明していたレビュアー(アフィリエイター)もいます。

続・ミリオネアパズルの話 - ダマシの手口を暴露
※このブログ、INDEXがちゃんとしていなくて……

目指せ100万円!「ミリオネア・パズル」 評価・レビュー|買ってはいけない情報商材■暴露■公開■評価■レビュー

世界一やり甲斐の無い、世界一稼げるパズルゲーム(ミリオネア・パズル)、レター感想 - 暇な時間でお金を稼ぐ?

良心的ですね。

最後に、私が信頼しているレビュアー「YURI」女史曰く

「ユニークなビジネス」と前述しましたが、
みんなで実践したらユニークじゃなくなってしまい、
稼げなくなってしまうかも知れません。

このビジネスは
「ユニークだからこそ稼げるビジネス」
だと思いますので、

(中略)

正直、万人向けの商材じゃないとは思いましたね^^;

とのこと。真に的を射てます。

どうも、この商材に限っても、【インフォ記事「西本 圭」】【Info VER「KEI」】【インフォアシスト「宮元」】は怪しくなってきてますね。

鷹司堂後☆心とお金に余裕のある人生を!v(^^)
関連記事

コメント

こんにちは。はまだといいます。

鷹司さんのブログ、興味深く拝見させていただいています。IPを細かく分析されたり、悪質アフィリエイターに直接電話をかけたり、非常にアグレシップでよいですね。

西本圭(一派)とKEIですが。あくまで個人的な憶測すぎませんが。同一人物やグループではないと思うのですが。

もちろん大きな枠のなかでは、同じグループだと思います。しかし一部絶賛商材で評価が真逆のばあいが、ちらほらみられます。

例えば、西本一派(宮元一派)で、いま大絶賛中の「前代未聞の現金自動製造機」をKEIやRYUは、否定しております。

またKEIが絶賛しているものを、西本一派がやんわり否定していたり、まったく触れなかったりする商材もあったりします。

あと、西本一派およびKEIとメールのやりとりをしたことがあるのですが。どうも文章の癖が違うような気がします。KEIは、昼間ならメールのレスがかなり早くて、ほぼリアルタイムでメールのやりとりができます。

さすがに西本一派は、そこまでは無理のようです。


初コメント、ありがとうございます!

はまださん

そうですね。実際のところ、西本圭=KEI に関しては、ここのところ、若干揺らいできているというか、私の中ではかなり優先順位が下がって来ているのも確かです。ある意味「後回し」というか、「核心部分はほかにあるだろう!」という感じでしょうか。

ごく最近になって思うのは、「黒幕」直ではなく、幹部からの分派が存在するのかもしれない、という点です。

直近ですと、担当する商材を二手に分けているような雰囲気があるということもあります。

いずれにしましても、今後もご愛読の程、よろしくお願い致します。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/167-a6e6b9df

美容整形