暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP スポンサー広告
> スポンサーサイト> 未分類
> 薄毛対策・抜け毛予防・AGA克服、発毛・育毛促進、白髪改善のための画期的手法(5)――男性ホルモンに関する誤解

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛対策・抜け毛予防・AGA克服、発毛・育毛促進、白髪改善のための画期的手法(5)――男性ホルモンに関する誤解 

薄毛対策「吉田式」のリリースがきっかけになって、知人から薄毛・抜け毛(AGA)に関する質問を受けることがあります。

「男性ホルモンの問題だから、基本的には何をやってもダメなのでは?」

「ストレス性のハゲには効かないでしょ?」

「食生活や睡眠時間など、生活習慣を変えないと難しいんじゃないの?」

といった質問です。

確かに、強いストレスが原因だったり、生活が相当乱れていたり、栄養不足が根本にあったりといったことが原因の(若年性)脱毛症の場合には、正直、それらの影響を排除するほどの効果は期待できないと思います。

ただ、「男性ホルモンの問題だから……」には、やや誤解があります。

それはなぜかというと――


質問します。男性ホルモンの分泌が最も盛んなのはいつ頃ですか?

そう、やはり20代ですよね。ところが、20代から薄くなり始める人は少なく、たいていは早い人でも30才前後からではないでしょうか?(私は30過ぎからと自覚しています)。

もっと遅い年代から薄くなり始める人もいるということを考えると、男性ホルモンの分泌がピークの時期ではなく、むしろ、女性ホルモンの分泌が低下して、体内の女性ホルモン比率が下がってくる頃に発現する、と考えるほうが自然だと思います。

実際、女性の薄毛の場合、閉経期の頃から顕著になる、人によってはヒゲが生え始める、といったことは知られています。

さらに、このことは専門的なのであまり知られていませんが、体内で女性ホルモンが合成されるとき、男性ホルモンがその原料(前駆体)になっているという事実があります。

詳しく知りたい方のために説明しますと、女性ホルモンであるエストロゲン――エストロン、エストラジオール、エストリオール――は、卵巣や胎盤で男性ホルモンであるテストステロンから合成されます(黄体ホルモン:プロゲステロンも同様です)。最近では、男女を問わず、脳内でも同様の経路で合成されることが分かってきています。

――となると、この女性ホルモンの合成能力が衰えた結果、体内の男性ホルモン比率が上がり、それが薄毛(AGA)となって表れる、と考えるのが妥当です。つまり、老化、加齢現象のひとつと捉えるべきです。

であれば、新陳代謝を高め(細胞の増殖力や化学物質の合成能力を取り戻し)、同時に毛母細胞に対してはピンポイントに働きかけてその新陳代謝を高めることができれば――。それがこの薄毛対策「吉田式」の着眼点です。

興味が湧いてきませんか?

鷹司堂後☆心とお金に余裕のある人生を!v(^^)

関連記事

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dohgo.blog22.fc2.com/tb.php/153-cde4a5a6

美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。