暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP > 月別アーカイブ [2011年10月]

TPPは止めておけ! 

熟読すべし! 問題の核心は農業ではない!
なんでみんな分からないのかねぇ。とくに財界のエライさん。
まさか、TPPと円安のバーター(裏取引き)とか?(笑)

TPPは止めておけ!by "World Business Trend Tracker"

関連記事

This is the Steve jobs commencement at stanford university with Japanese sub titel.-スティーブ・ジョブス スタンフォード大学卒業式辞 日本語字幕版 

いい演説だ。
声は、トム・クルーズに似ている気がする。

関連記事

俺もそう思う 

俺もそう思う。FTAの枠組みで米国からの輸入品の関税を下げて農産品(米、大豆以外)を買うことが日本の全体最適にかなう。

TPPの正体は幕末の不平等条約の復活 - 日本が好きなだけなんだよ

cf.「TPPへの参加の是非を農業への影響抜きで論じなさい」と問われれば?

関連記事

光学迷彩@攻殻機動隊の本命はこれではないか? 

光学迷彩が初めて実写に登場したのは映画「プレデター」だと思いますが、以下の二つの技術に関しては、ニュース番組などで見たことがあるかもしれません。

光学迷彩 : DigInfo
※ドラえもんの科学みらい展に登場したのはこれですね。

光学迷彩服 Optical camouflage clothes [THE PREDATOR]

しかしながら、光学迷彩の原点と言えば攻殻機動隊、瞬時に背景に溶け込む様子は、以下のものが近いような・・・。

蜃気楼を応用した「透明マント」(動画)

スイッチひとつで、表面に急激な温度勾配をつくり出し、本体を蜃気楼の後ろに隠してしまうという技術。しかし、熱を発すれば赤外線探知機には捉えられてしまうなぁ? と思っていたら、すでにこんな技術が特許を取得していました。

赤外線カメラ向けの「光学迷彩」

ロボットや無人飛行機と組み合わされれば、とんでもない兵器になりそう――というか、こういう兵器がなければ、もはや米国は中国に勝てない・・・。

関連記事

苗字でルーツが分かる?面白サイト 

F1日本グランプリ、なかなかでした。
で、観ていて気が付かれた方も多いと思いますが、サーキット内の看板、UBSとDHLだらけでした(あと、PIRELLIが少々)。
UBSと言えは、スイス最大の銀行で、最近不祥事が目立っていますが、沈み行くユーロ諸国を尻目に、そろそろ日本への本格進出しようと考えているのではないかと。
なんせ、スイスフランは日本円の次に通貨高で、スイスにとっては海外投資のチャンスですし、そもそも「赤い盾」の本拠地ですから。

前置きはさて措き、本題はこちらです。
姓名分布&姓名ランキング 写録宝夢巣/名前・苗字・名字

ありきたりな苗字でなければ、その苗字の世帯数の分布が分かり、自ずとそのルーツも見えてくるというもの。
たとえば、芸能人のおかげで誰しもが読めるが、実は珍しい苗字の「設楽」。人口も加味すれば、山形県(群馬県)が断トツです。実際、同名の後輩に聞いたら、やはりルーツは山形県だと言っていました。

試しに、昔の公家や武家を調べてると――

続きを読む

関連記事

「TPPへの参加の是非を農業への影響抜きで論じなさい」と問われれば? 

「TPPへの参加の是非を農業への影響抜きで論じなさい」と問われれば?

この論理を知ると、農業にかこつけてTPPに反対している奴らも、TPP推進論者もどちらも胡散臭く思えてくる。要はどいつもこいつもポジショントークだということか?

関連記事
美容整形