暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP > 月別アーカイブ [2011年07月]

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発、太陽光、シェールガス……、果たして本命は? 

5月の末に、ドイツ、スイスを「他山の石」にという記事のなかで、筆者の見解としては、”ガス”が本命ではないか? という意見を表明していましたが、同じ代替エネルギーというテーマで、以下の公開討論が予定されており、その議論の行方に、いちおう注目しています。

「孫氏は政商、マイナスに日本導く」 ソフトバンクの太陽光発電事業参入を批判 旧知の起業家・堀義人氏 ツイッターで応酬、来月公開討論

「脱原発」vs「原発維持」という構図ではありますが、議論の中身が、もし、原発と太陽光の優劣に終始するようでは、「お二人ともまだまだ未熟じゃのう」てなことになるわけで、そういう意味でも愉しみな公開討論になりそうです。

筆者的には、当面、シェールガスやメタンハイドレートの実用化を中心に据えるべきだと考えていますが、参考記事は以下です。

東ガス、豪で非在来型ガスの権益を初取得

オバマ米大統領、「リセット」警戒のポーランドの不安解消に努める

で、今日になって、こんな記事も出ました。

孫プランに疑問符 岐阜県試算 太陽光コストは火力の3倍

そもそも、割高な電力買取り価格は電気代となって跳ね返ってきますから、買取り制度がなくても一軒単位で採算が取れるようでないとねぇ。

関連記事
スポンサーサイト

あなたは自責? 他責? それとも無責? 

某編集長から興味深い話を聞けました。

曰く、「失敗したときの考え方は、人によって大きく三つに分かれる」と。

1.自責――自分を責めるタイプ

あのとき自分がこうしていたら……と、自分の言動次第で、事態がもっといい方向に向かったのではないかと考えるタイプ。

2.他責――他人のせいにするタイプ

あいつがあんなことするから……、あいつがこうしていたら……といった具合に、なんでも自分以外の人間のせいにするタイプ。

3.無責――誰のせいでもないと考えるタイプ

誰も悪いわけじゃない、誰もそうしようと思っていたわけじゃない……と、犯人探し(原因の特定)をしないタイプ。

で、その編集長曰く、「リーダーに向いているのは自責タイプ。他責タイプや無籍タイプではリーダーは務まらない」と。

ここまでが、聞いた話です。

以上を敷衍すると――

続きを読む

関連記事

放射線(電磁波)によるがんの発症リスクを極小化する食生活とは? 最終回 

「がんの発症リスクを極小化する食生活」の最終回です。

今回は、効果のある(と言われている)食材の総ざらえです。

Bq値の問題で緑茶を飲まないようになるのは却って……、という感もあります。難しいところですが。

以下に挙がっている食材の中で、保存の効くものをパッケージングして商品にすれば、そこそこのニーズはあるように思えます。オイシックスさんあたり、どうでしょうか?(笑)

続きを読む

関連記事

放射線(電磁波)によるがんの発症リスクを極小化する食生活とは? その5 

「がんの発症リスクを極小化する食生活」の5回目です。

以下、強調(太字)はブログ主による

Ⅲ-3 なぜ、食事療法が治療に取り入れられないのか?

「食もて癒せぬ病は、医もまた癒せず」 by ヒポクラテス

「ファイトケミカルによる医学的”予防”法は、今では手ごろな費用で実践できる、誰にでも受け入れやすいがん治療法と見なされている」 by 「ネイチャー」(2003年)

続きを読む

関連記事
美容整形
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。