暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP > カテゴリー [サイエンス・環境・食・健康]

長寿女性が多い都道府県の食・生活習慣から見た秘訣とは? 

【男性編】の反応がよかったので、【女性編】も書かせてもらいました、図に乗って(笑)。
果たして、女性が長寿&短命な県とは? とは言っても、平均で2年くらいの差ですが、食・生活習慣の傾向は参考になると思います。

長寿県と短命県でこんなに違う!食事と生活習慣【女性編】


『元素変換』から2年 

凝縮系核反応分野で世界最大の国際会議ICCF20
来月仙台で開かれます。

日経新聞にもこの学会を含め記事が出ています。
 

男性の寿命を大きく左右することって? 

この記事――
長寿県と短命県でこんなに違う! 食事と生活習慣【男性編】
ヤフトピにも掲載されたそうで、けっこうたくさんの方々に読んでいただけました。
 

国立健康・栄養研究所が水素水を危険食品に認定 

「水素水は体に良い」は本当か?効果の真偽を徹底検証でお伝えしていましたが、このほど、国立健康・栄養研究所が水素水を危険食品に認定しましたね。

水素水|国立健康・栄養研究所

参考記事:
水素水が危険食品に認定!国立研究所の研究結果がヤバイと話題に

水素水より「おなら」の方が水素多い 法政大教授の指摘が大反響

今回は「鯨肉」に関して 

前回の「水素水」に続き、今回は「鯨肉」をテーマに、その栄養価を中心にまとめました。

低カロリーだけじゃない!鯨肉の凄すぎる栄養価

捕鯨に関しては、いろいろと言いたいことはあるんですが、「健康」がテーマなので・・・。
簡単に言ってしまえば、「遠洋での調査捕鯨を日本の伝統食文化として位置付けることにはやや無理があると感じつつ、遠洋での調査捕鯨を止める代わりに、排他的経済水域内での商業捕鯨を再開することも選択肢の一つではないか」という線ですかね。

「水素水」ってやっぱり目をつけられていた? 

DOLに当該記事が公開されたのが2月13日。その後、関連企業に対し、3月9日に消費者庁から業務停止命令、11日に国民生活センターから行政指導。ある意味で怖い面を見た感じ。

マルチ大手に業務停止命令=「がんに効く」と虚偽説明―消費者庁

「水素水生成器」の効果は? 国民生活センター、明確化を要望

ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ に刮目しよう! 

ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ の3月4日までの異例のロングラン上映が決定したようです。

個人的には、捕鯨反対運動の裏には、欧米の食肉産業の肩入れがあるのでは? と睨んでいるのですが、果たして、〈これまで決して一般には知らされていなかったより大きく不可解な側面〉とは?



映画「ビハインド・ザ・コーヴ〜捕鯨問題の謎に迫る〜」 Behind "THE COVE" Official Site

ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ | ケイズシネマ

お勧めの原発関連書籍 

前回に引き続き、原発関連の注目書です。




「似非科学のレッテル外れ」たって言われてもねぇ 

このセミナー、小生も招待客として参加したのですが、記事になるのが遅いなぁ。
ひょっとして、「似非科学のレッテル外れ」と見出しにあるように、掲載の可否判断に時間が掛かったのか?

「試験管内の太陽」 似非科学のレッテル外れ再び熱気(2015/7/1 6:30)

cf. 『元素変換現代版<錬金術>のフロンティア

「元素変換」の本格研究が再開?! 

これで「元素変換」の本格研究が再開されることになるのは喜ばしい(が、どちらかというと、元素変換よりもエネルギー発生に軸足がありそう)。

東北大学電子光理学研究センターと株式会社クリーンプラネット、凝縮系核反応に関する共同研究部門設立―安全かつ強靭な次世代型エネルギー社会の実現に向けて― | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-

twitter上で元素変換をトンデモ or デマ扱いしたり、陰謀論と見做したりしている輩も散見するが、ちゃんと勉強してからにしなさい(苦笑)。
(理解できないまま or 理解できないから否定するというのでは、自分から〇〇だと言っているようなものですよ。)

美容整形