暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP > カテゴリー [未分類]

「子宮頸がん検診」と「子宮頸がんワクチン」――併用のメリットとリスク 

「子宮頸がん検診」と「子宮頸がんワクチン」――併用のメリットとリスクについて、ベイズ推定もしながら、まとめてみた。

性交渉体験がなくても、HPV検査は受けたほうがいいのかどうか?――も論点の一つですが、それはまた別の機会にします。

子宮頸がん検診の有用性を統計的手法で考える
 

第三次世界大戦の端緒か?――シリアから砲弾 トルコが報復攻撃 

向こう側で先にはじまりましたね(などと気楽な言い方をしていてはダメですが)。

トルコ、シリアからの着弾で報復-NATOは緊急会合

NATO、シリアを非難 トルコ被弾で緊急理事会

すぐに収まればいいですが、第三国に波及するようだと、原油価格が暴騰し株価が暴落する可能性が出てきました。さらには、円レートも気になります。下手すれば、原油価格の高騰を相殺するくらいの円高も・・・。

【追記】ニュース映像付が見つかりました。

シリアから砲弾 トルコが報復攻撃

以前日本にいるトルコ人が、アラブ人のことを「あいつら」と言っていたのを思い出しました。同じイスラム国でも、元々あまり仲はよくないみたいです。

最悪のシナリオとしては――①イランがシリアを支援、②NATOがトルコを支援、もしそこにイスラエル(+エジプト)が加わってきたら、止まらなくなるでしょう。下手すれば、第三次世界大戦に。米国にだけは参戦してほしくない。そうなると確実に日本も巻き込まれます。

「NHKスペシャル 激論! ニッポンのエネルギー」(2012.07.14)について 

【7/18追記】
ここ(http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65815490.html)に詳しく書かれているが、0パーセントを選択しない限り(原発比率15%でも)「再処理、高速増殖炉(もんじゅ)の存続が自動的についてくる」というのは、あまりにも卑怯、姑息な選択肢ではないか!?

==============================
去る14日、NHKにて「激論! ニッポンのエネルギー」が放映されましたが――そもそもこの番組に不満があるわけではないのですが、

(1)原子力「0パーセント」再生可能エネルギー「35パーセント」

(2)原子力「15パーセント」再生可能エネルギー「30パーセント」

(3)原子力「20~25パーセント」再生可能エネルギー「25~30パーセント」

の3つの選択肢で議論しろということ自体、政府サイドのミスリードであると言わざるを得ない。

なぜなら、20年もしないうちに再生可能エネルギーの割合を30%以上に高めること自体に無理がある。経済合理性もなければ、環境的な問題もある。

穿った見方をすれば、「再生可能エネルギーの割合をそこまで高くするのは無理だから・・・やはり原発は・・・」という結論に導きたいのではないか。

筆者の結論を言ってしまえば、直近の再稼動には必ずしも反対ではない(=条件付一部再稼動容認と受け取ってもらってもかまわない)が、(1’)なるバランスをベストと考えている。

原発ゼロ(2030年時点)、再生可能エネルギー(地熱と海上風力中心)は15%程度、差分の20%程度は「ガス(メタン)」や「石炭+CCS」(石油は止める)という考え。(理由は割愛、後日)

「日本」が「Japan」になったわけがわかった!(気がする) 

ちょっと前に、昔の日本の発音(読み方)を再現する番組を観ていたら、表記は今と同じでも武士文化以前は発音がかなり違っていたことを解説していた。

例えば、

たちつてと を ちゃちちゅちぇちょ と発音するとか
なにぬねの を にゅににゅにぇにょ と発音するとか
はひふへほ を ぱぴぷぺぽ と発音するとか

言っていたような。

あとから考えてみて、だから「日本」は「Japan」なんだと
気がついた次第。

にほん と書いて、「にゃぽん」 と読む
       ↓
「にゃぽん」がラテン系の外国人には、「やぽん」と聞こえる
(「にゃ」という発音がないのかも?)
       ↓
ポルトガル語の「Japão」、スペイン語の「Japón」が
ゲルマン系(オランダ語、ドイツ語、英語)の「Japan」に転換
       ↓
英語読みにすると「じゃぱん」

実際、ハンガリーの温泉で順番待ちしているときに、
「ヤーパナー?」と聞かれたことがある。

学者には批判されそうだな(笑)。

『上海異人娼館』(原作 寺山修司/激画 上村一夫)を正価で購入(できた) 

前々から、高くても買おうかどうか気になっていた、
『上海異人娼館』(原作 寺山修司/激画 上村一夫)
を偶然?見つけ、正価(税込み2,800円)で購入できた。この本は、書店流通していないこともあって、上村一夫コレクターの私も後回しになっていたのですが、結果、新品を正価で買えて、よかったよかった。

おそらく、正価で買えるのは以下の2ヵ所だけ。

書籍 「上海異人娼館」 寺山修司+上村一夫 Bunkamura オンライン市場
私がここで買ったので、在庫3冊だったのが、現在2冊に。

上海異人娼館 原作=寺山修司 激画=上村一夫 - アートのセレクトショップTOKYO ART SHOP online

この作品、実は新品が一時市場から消えて、中古が高値で取引きされていたため、その余韻で今も中古が高値で堂々と出品されています。

まんだらけ中野店では、6,825円 (カバーに小傷みあり)

古書「暦」というネット古書店によるおちゃのこネットが運営する「garitto」への出品価格は1万円

ヤフオクへの出品(開始)価格は8,000円

となっている。

「TOKYO ART SHOP」が何冊の在庫を持っているのか次第だが、〈下手すると、正価で買えるのは日本全国でもあと3人だけかもしれない〉と思うと、「いい買い物をした」とほくそ笑むのでした。(フフフッ)

こんな女もいるんだぁっ! 

金曜日の午前中、9:30を少し回った頃、最寄り駅から都心に向かう各駅停車に乗ったところ――

練馬駅で多くの人が池袋行きに乗り換えるところで乗ってきた、20代後半と思しき地味な女性。

筆者の向かい側、誰も座っていない3人掛けの座席に座り、おもむろにバッグの中からなにかを取り出そうとしているのを見ていると――

バッグの中から出てきたのは、なんと! ラップに包まれた茹でトウモロコシ。それも丸ごと一本!

で、何をするのかと思いきや、二重に包んだラップを剥がし始め、ついには、その茹でトウモロコシにかぶりつき始めました。

包装の具合から、自宅で茹でたものを持って来たことは一目瞭然。駅までの途中で買ったものではない。

時折、化粧をしている姿や、パンやおにぎりをもぐもぐやっている若い女性を見かけたことはありましたが、車中で茹でトウモロコシを食べる姿を見たのは、旅行でもない限り、老若男女合わせても初めてのことで、連れていた近所の小学三年生の男の子も、私の様子を察知してか無言のままでこちらをチラチラ見ます。

で、その女性の姿恰好をよく見てみると、上半身の服装は普通なのですが(眼鏡あり)、なぜかスパッツのような下半身に、黒いゴム長靴を履いていました。(確かに、その日は雨が降ったり止んだりだったのですが。)

その電車は渋谷行きだったのですが、我々は小竹向原で有楽町線に乗り換える必要があったため、食べ終わるまでのお付き合いはできませんでした。(けっこう、残念!)

さすがに携帯で写真を撮るのは拙いだろう、ということで、文章のみです。が、世の中、いろんな人がいるものです。

日曜日のブレイクネタ 

近頃のいろんな出来事で頭に来ている方へ

日曜日は、午前中、小学3年生の男の子の算数をみているのですが、なかなか集中しないので注意をしたところ――





「あたまをひやしんす」
と返され、ガックシ。

小学生の頃、作文の宿題になにを思ったか、駄洒落集を作ってきた奴がいたのを思い出しましたよ。

「でんわにはでんわ」とかね。

おやすみ前のブレイクネタ 

昨夜というか、4/1の朝方のことだったのですが――

早朝、腹が減って目が覚めつつも、眠気と空腹のあいだでうとうとしていたら、おにぎりを食べている夢を見ました。

そうしたら、夢を見ながら口を動かしていたみたいで。

数日前と同じところなんですが、

続きを読む

おとなのクイズ? 

唐突ですが、クイズです。

以下の漢字、なんと読むでしょう? 訓読みでお答えください。

ちなみに筆者も、ある本を読むまで(2)と(3)は知りませんでした。

(1)

(2)

(3)

紅白の「トイレの神様」(植村花菜)を見逃した! 

昨年の大晦日、紅白では植村花菜の「トイレの神様」だけは見逃すまい、と思っていたのですが。

思っていたので・す・が! 石井vsバンナを見ている隙に見逃してしまいました。昨年で最大の不覚……。

ということで、YouTubeで紅白Ver.を探したのですが、まだ見つからず、まずはこちらをお贈りします。

なお、今日の鶴瓶と松嶋の番組のラストもよかったですね。

美容整形