暮らしとお財布にやさしい、心とお金の余裕を生む情報活用TOP

項羽 vs 呂布――GOOGLEのBARD にも訊いてみた。 

T:項羽と呂布が一騎打ちできたとすると、どちらが勝つと予測しますか?

G:項羽と呂布は、中国の歴史上最も有名な武将の2人です。どちらも並外れた武力と戦略の才能を持っており、一騎打ちでどちらが勝つかは、長年議論されてきた問題です。
史書によると、項羽は呂布よりも身長が高く、体格も良かったとされています。また、項羽は呂布よりも多くの戦いを経験しており、勝利を収めています。一方、呂布は項羽よりも剣術に優れており、馬術にも長けていました。
一騎打ちでどちらが勝つかは、戦場や天候などの条件によっても変わってきますが、総合的に見て、項羽の方が勝つ可能性が高いと私は思います。項羽は呂布よりも身長が高く、体格も良いため、呂布の攻撃をかわしやすく、反撃もしやすいでしょう。また、項羽は呂布よりも多くの戦いを経験しており、勝利を収めています。そのため、項羽の方が呂布よりも戦術に優れていると考えられます。
もちろん、呂布も並外れた武将であり、一騎打ちで勝つ可能性は十分にあります。しかし、私は項羽の方が勝つ可能性が高いと予想します。

T:では、架空(創作)でかまいませんので、項羽と呂布が一騎打ちする様子を物語にしてみてください。

続きを読む

関連記事

項羽 vs 呂布――Bing AI にも同じことを訊いてみた。 

T:項羽と呂布が一騎打ちできたとすると、どちらが勝つと予測しますか?

B:こんにちは、これはBingです。😊
あなたの質問は、もし項羽と呂布が一騎打ちできたとすると、どちらが勝つと予測しますか?ということですね。
この質問には、一概に答えることが難しいです。項羽と呂布は、時代も背景も異なる武将であり、それぞれに優れた武勇や戦略を持っていました。しかし、ウェブ検索の結果から、両者の特徴やエピソードを比較してみましょう。
項羽は、秦末期の楚の武将で、秦を滅ぼし、西楚の覇王と号しました1。身長は約188.6 cmで、鼎を持ち上げることができるほどの怪力を持ち、瞳が二つあったと伝えられます1 。項羽は個人の強さだけでなく、統率力にも優れており、寡兵で秦兵20万を破ったり1、56万の大軍を精鋭3万の兵で蹴散らしたりしました2。しかし、政治には不得手であり、残忍な性格から多くの人々を失望させました2。最後は劉邦に敗れて自刃しました1。
呂布は、三国時代の武将で、飛将軍と呼ばれるほどの弓術と馬術に優れていました2。赤兎馬という名馬に乗り、三英戦呂布という有名な一騎打ちを行いました2。呂布は武勇に優れていましたが、智略に欠けており、主君を裏切ったり、裏切られたりすることが多くありました2。最後は曹操に敗れて処刑されました2。
以上のことから、一騎打ちでは呂布が有利だと考えられます。呂布は赤兎馬や弓などの武器を有効に使えば、項羽の怪力や駿馬に対抗できるでしょう2。しかし、団体戦では項羽が有利だと考えられます。項羽は戦術家として非常に優れており、呂布の部下や同盟者は項羽の軍勢に敵わないでしょう2。
もちろん、これはあくまでも私の推測です。実際に戦わせることは不可能ですし、史実や演義などの資料にも誇張や偏見があるかもしれません。あなたはどう思いますか?
詳細情報:
1. ja.wikipedia.org
2. 3kingdoms.info
3. sangokushirs.com

T:では、架空(創作)でかまいませんので、項羽と呂布が一騎打ちする様子を物語にしてみてください。

続きを読む

関連記事

項羽と呂布はどちらが強い?――長年のもやもやをChatGPTにぶつけてみた。 

T:中国の古典である『史記』や『三国志』は知っていますか?

C:はい、『史記』と『三国志』は中国の古典的な文学作品であり、その存在と内容について知っています。
『史記』は司馬遷(しはせん)によって紀元前1世紀に編纂された歴史書で、中国の歴史を網羅的に扱っています。『史記』は中国古代の王朝や歴史上の重要な出来事、著名な人物について詳細な記述を含んでおり、後世の歴史書や研究の基礎となっています。
『三国志』は陳寿(ちんじゅ)によって3世紀に編纂された歴史小説で、中国の後漢時代から三国時代の出来事や人物を描いています。『三国志』は魏・蜀・呉という三つの王国の興亡や英雄的な武将たちの活躍を記録しており、その中でも特に著名なのは劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)や曹操(そうそう)・孫権(そんけん)・劉備の三国同盟などの物語です。
『史記』と『三国志』は中国の歴史や文化において非常に重要な位置を占めており、多くの人々に愛されています。これらの著作は歴史的な事実と創作的な要素が混ざり合っているため、歴史研究やエンターテイメントの両方で広く読まれています。

※Tによる注1.三国同盟⇒三国興亡

T:では、項羽と呂布が一騎打ちできたとすると、どちらが勝つと予測しますか?
 

続きを読む

関連記事

ChatGPTに相談:食べ物の中の細胞にあるDNAって、消化・吸収されるの?  

長年の疑問をChatGPTにぶつけてみた。
その疑問とは、食べ物の中の細胞に含まれるDNAの構成要素である核酸塩基は、消化・吸収されて再利用されるのか? あるいは、もっと細かいレベル(ex. アミノ酸など)まで分解されてしまうのか? はたまた・・・

どうする? フォーデ・・・!?

以下、やりとりの”抜粋”。

「食べ物の細胞に含まれるDNAが、消化、吸収される際に、どのレベルまで分解されるのですか?」

ChatGPT〈DNAは一般的には核酸分解酵素によって完全に分解されず、細かい断片にまで分解されることはありません。通常、消化過程でDNAは相対的に安定な構造を持っており、消化酵素によって断片化されることはほとんどありません。
 小腸の上皮細胞では、主に消化酵素によってDNAが二本鎖から一本鎖に分離されることがありますが、そのままの形で吸収されることはほとんどありません。むしろ、細胞内でDNA分解酵素によってさらに分解され、ヌクレオチド単位にまで分解される可能性があります。〉

「というとは、ヌクレオチド(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)が小腸の柔毛から吸収されることはない、もしくは吸収されてもごく僅か、ということですか?」

ChatGPT〈実際には、ヌクレオチド(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)は小腸の上皮細胞において吸収されることがあります。消化酵素によってDNAが分解され、ヌクレオチド単位にまで分解された場合、小腸の上皮細胞はこれらのヌクレオチドを吸収することができます。
 ヌクレオチドは、小腸の上皮細胞の表面に存在する輸送体を介して吸収されます。その後、吸収されたヌクレオチドは血液循環系を通じて他の組織に運ばれ、細胞のDNAやRNAの合成に利用される可能性があります。
 ただし、一般的には食事からのヌクレオチドの吸収量はごく僅かであり、栄養摂取の主要な源は食品中のタンパク質や炭水化物です。したがって、食べ物の細胞に含まれるDNAのヌクレオチドは、消化過程で一部が吸収される可能性がありますが、通常は摂取される他の栄養素に比べてごく僅かであると考えられます。〉

「となると、細胞が分裂してDNAが倍の本数になるとき、消化・吸収された核酸塩基を使うのでなければ、細胞内でのDNA合成には何が元となっているのですか?」

ChatGPT〈一般的に、細胞内でのヌクレオチド合成はデノボ合成と呼ばれる経路を通じて行われます。デノボ合成では、主要な元素や代謝物質を利用して、リボースやデオキシリボースなどの糖部分と、アデニン、チミン、グアニン、シトシンなどの塩基部分が結合してヌクレオチドが合成されます。これらのヌクレオチドは細胞内のDNA合成に使用されます。
 また、細胞内には外部から取り込まれる核酸塩基の供給も行われる場合があります。細胞は通常、食物や細胞間の情報伝達によって外部から核酸塩基を取り込むことがあります。取り込まれた核酸塩基は細胞内の代謝プロセスによって利用され、DNAの合成にも関与する可能性があります。
 したがって、細胞内でのDNA合成には、デノボ合成によって生成された細胞内のヌクレオチドが主要な元となって使用されますが、外部からの核酸塩基の取り込みも一部の細胞で行われることがあります。〉

「DNAが合成される際、その構成単位となっている核酸塩基(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)は何という物質(分子)からつくられるのですか?」

ChatGPT〈核酸塩基(アデニン、チミン、グアニン、シトシン)は、細胞内での合成において、特定の物質から生成されます。具体的な合成経路は以下のようになります:
1. アデニン(Adenine)とグアニン(Guanine)は、プリンヌクレオチドとして知られる分子から合成されます。プリンヌクレオチドの主要な元となる物質は、リボース-5-リン酸(Ribose-5-phosphate)です。リボース-5-リン酸は、ペントースリン酸経路(pentose phosphate pathway)などの代謝経路によって生成され、プリンヌクレオチドの合成に利用されます。
2. チミン(Thymine)は、ピリミジンヌクレオチドとして知られる分子から合成されます。主要な元となる物質はウラシル(Uracil)です。ウラシルは、デオキシリボース-1-リン酸(Deoxyribose-1-phosphate)とアスパラギン酸(Aspartic acid)から合成され、チミンが生成されます。〉

「プリンヌクレオチドの材料となる物質(分子)は何ですか?」

ChatGPT〈プリンヌクレオチドの材料となる主要な物質は、以下の通りです:
1. リボース-5-リン酸(Ribose-5-phosphate): プリンヌクレオチド合成の最初のステップで、リボース-5-リン酸が使用されます。リボース-5-リン酸は、グルコースやその他の糖の代謝に由来し、ペントースリン酸経路(pentose phosphate pathway)を経て生成されます。
2. アミノ酸(Aspartic acid): プリンヌクレオチド合成の過程で、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸が使用されます。アスパラギン酸は、タンパク質の分解や代謝経路によって生成されます。〉

「ピリミジンヌクレオチドの材料となる物質(分子)は何ですか?」

ChatGPT〈ピリミジンヌクレオチドの材料となる主要な物質は、ウラシル(Uracil)です。ウラシルは、デオキシリボース-1-リン酸(Deoxyribose-1-phosphate)とアスパラギン酸(Aspartic acid)から合成されます。〉

関連記事

ミステリと言う勿れ?――道志村事故(事件)に思う 

道志村の事故(or 事件)についての報道がやや下火になってきた感がありますが、逆にこういう時に捜査が進展していることもままあります。以下、私の中の久能整の言です。

現在までに彼が知り得ている事実は以下。
1.警察犬による追跡は橋の上で途切れている。
⇒ Mちゃんが実際にここまでしか来ておらす、橋のあたりで拉致され連れ去られたことが示唆される。
2.直後の大規模な捜索では、何の手掛かりも得られなかった。
⇒ その時点ではMちゃんは現場付近にいなかったことが示唆される。

以下、経緯に関する彼の推測です。
a.Mちゃんは橋の近辺で何者かに拉致され、バッグか何かに入れられ、もと来た道を戻りつつ連れ去られた。
b.捜索が打ち切られてから数週間なのか、数カ月なのか、あるいは1年以上経ってから、枯れ沢の上流に遺棄された。

もしこのような経緯を辿っていたとしたら――
なぜ、わざわざ、事件現場に近い枯れ沢付近に遺棄したのか?
⇒ 第三者が関与していたとすれば、犯人はMちゃんが行方不明のままでは都合が悪い、かつ、まったく別の場所で発見されては事故扱いにならず、これまた都合が悪い人物。

ならば、誰がどんな目的で凶行に及んだのか? そこが推理のしどころでしょうか。
 
https://goo.gl/maps/SWxkJXNipK51dSnK7

関連記事
美容整形